社会の狭間でニートを叫ぶ

最終学歴中卒、高等学校を2回中退。ゲーム暦20年、ニート暦4年。美しすぎる経歴のナウなヤングが送る雑記。

「うちのアパートの妖精さん」を覗いてみない?ドヤ顔SDにビビっと来たら必読

f:id:hkmy:20170613230300j:plain

どうも、WEBマンガおじさん、hkmです。

 

先ほど、覚書の一押しWEBマンガ一覧を更新しまして。

⇒ WEBコミックおじさんの巡回サイトまとめ

 

タイトルを羅列しているだけなのは勿体無い、そんな作品がやっぱりあるので、幾つかレビュろうかな、と。せっかくのごちゃまぜブログだしね。

 

ということで、今回ご紹介するマンガは、「うちのアパートの妖精さん」です。

2頭身キャラクターたちが織り成す、ほのぼのとした日常コメディを、とくとご賞味あれ。

きららとタイムの間くらい

ジャンルとしては、日常系4コママンガ。

登場人物から悪意を感じない、いわゆる「優しい世界」が延々と広がっています。

 

その分、シナリオに起伏は乏しいです。

が、4コマ漫画としての起承転結はしっかりしている印象ですね。

 

感覚としては、

「まんがタイムきららっぽい世界観の、まんがタイムっぽい漫画」

といったところ。

恋愛要素は無いけどね。

 

キャラクターありきのストーリー

f:id:hkmy:20170613230059j:plain

うちのアパートの妖精さん 1話より

シナリオの薄い4コマ漫画。

となれば、魅力の大多数はキャラクターに依存します。

 

このキャラクター達が、まぁ魅力的なんです。

 

一部を除き人間ではないものの、どのキャラクターにも悪意を感じない。

この点に関しては、「キャラクターに人間味を求める」という方からすれば一長一短ではあるものの、僕個人としてはとっつきやすくていい感じ。

 

また、盛り上げるために登場しがちである「いらんことしい」なキャラクターも登場しないのはすばらしい点でしょう。

 

「シナリオを、特定の方向へ動かす為に作られたキャラクター」が居ない作品は、読んでいて心地良いんですよね。

キャラクターが居るから、ストーリーが生まれる。

荒木飛呂彦も似たような事言ってた。

 

個性溢れるキャラクター

悪意の存在しないキャラクターは、「相手を許容する」という本質が似通うため、平坦になりがちです。

どのキャラも似たような性格になっちゃう。

 

でも、「うちのアパートの妖精さん」は一味違う。

 

本質どころか、ぶっちゃけ顔も大体同じなんですけど、どのキャラにも一つまみのスパイスが利いているんです。

 

例えば、いかにも妖精らしい見た目のフェアリーさん。

ファンシーメルヘンな見た目から、数々の毒舌が繰り出されます。

f:id:hkmy:20170613223322j:plain

うちのアパートの妖精さん 1話より

 

毒舌とは言っても、傷付けるようなものではなく、軽口のようなもの。

テンポの良いイカつい言葉は、時として心地よさをもたらしてくれます。

 

 他にも、ドジだけど笑顔のまぶしいコボルトさんや、

f:id:hkmy:20170613223642j:plain

うちのアパートの妖精さん 2話より

 

元気いっぱいでちょっとおバカなジャックランタンさんなど。

f:id:hkmy:20170613223842j:plain

うちのアパートの妖精さん 10話より

 

一癖ある、愛らしいキャラクターがところせましと動き回ります。

 

ちなみに、主人公はいかにも害が無さそうな青年。

こういうところもきららっぽい。

 

微妙に民俗学を学べる

伝承で伝わる「妖精」や「精霊」をテーマとしており、主人公が民俗学を学ぶ学生である設定になっていることから、妖精の伝承などをめっちゃほんのり学ぶこともできます。

f:id:hkmy:20170613224234j:plain

うちのアパートの妖精さん 2話より

 

話数のタイトルがキャラクター名になっているような、1キャラクターに焦点を当てた回で、特に顕著です。

 

別に民俗学の知識がついたからどう、って訳ではありませんが、なんとなくお得な気持ちになったりならなかったり。

いや、そもそも正確な情報なのかもわからないですけど。

そもそも民族伝承に正確もクソもないか。

 

単行本未発売

さて、様々な魅力溢れる「うちのアパートの妖精さん」ですが、一つだけ問題点があるんですよね。

単行本が発売されていないんです。

 

この記事を執筆している2017年6月13日現在では、11話までの更新となっており、バックナンバーは直近2話と最初の2話のみ。

 

毎話完結の日常系作品であるため、途中から読んでも面白さはあります。

が、キャラクターの魅力的な作品であるからこそ、キャラクター毎の登場話から読んで欲しいんです。

でも、バックナンバーを辿る手段が無い、というジレンマ。

f:id:hkmy:20170613230542j:plain

▲ぐぬぬ

 

なので、

「紹介はしたものの、単行本発売待ちがおすすめ」

という、なんとも煮え切らない結論に。

 

月刊誌であることや、毎話のページ数がそこまで多くない事を考えると、単行本の発売はもうしばらく先かな……。

 

きらら豚におすすめ

ということで、特にきらら豚の皆様へおすすめしたい「うちのアパートの妖精さん」でした。

きららから百合営業を引っこ抜いた感じの作品です。多分。

 

WEBで読む分には料金も一切かかりませんし、気になった方は是非、ご一読のほど。

⇒ うちのアパートの妖精さん|コミックガルド作品一覧

 

日常系コミックジャンキーな僕が定期巡回しているサイト一覧はこちら。

⇒ WEBコミックおじさんの巡回サイトまとめ

趣味が合う方には、刺さる漫画を結構多く紹介できている、はず。

社会の狭間でニートを叫ぶ