社会の狭間でニートを叫ぶ

最終学歴中卒、高等学校を2回中退。ゲーム暦20年、ニート暦4年。美しすぎる経歴のナウなヤングが送る雑記。

好きな漫画は?って質問の煽られない答えを考える+具体例5作

f:id:hkmy:20170225064940j:plain

どうも、WEBコミックおじさん、hkmです。

 

好きな漫画は?

 

何らかの機会で漫画が好き、などと言ってしまえば、必ず飛んでくるこの質問。

進撃の巨人!やワンピース!などと言うとにわかと煽られ、
びんちょうタン!ニニンがシノブ伝!などというと知らない人が出てくる。

どないせーっちゅうんじゃ。

進撃もワンピースもおもろいやろ。
びんちょもシノブ伝もアニメ化したやろ。
完結してるけど。

そこで、オタクには一目置かれ、かつ知名度の高い作品について考えてみる記事です。

一体どんな漫画であれば、全員を納得させられるのか。

煽られとうない

まず、にわかと煽られるタイトル。

これは、煽る相手にもよりますが、

  • 連載長すぎ
  • 有名すぎ

な物でしょうか。

進撃とワンピースで言えば、まだ進撃の方が煽られにくい。
これは、連載が長いと長いほど、子供時代に触れていた可能性が高くなる。
つまり、今現在、マンガが好きなアピールとしては不十分と考えられがちだからでしょう。

 

いや、アピールってなんだよ。

 

また、名探偵コナンが若干許される風潮もある事。
努力、友情、勝利への拒否反応があるとすれば、ジャンプ作品よりはサンデー作品を挙げるのが無難でしょう。

ハヤテのごとく!は1周まわって許されない感あるけど。

 

キャラソンが話題になりすぎたか。

知名度の高いもの

作品の知名度について。

フリーク相手でしたら相手の知識は深いです。
仮に知らない作品を挙げてしまっても、それはそれで話題になるでしょう。

 

ですが、漫画への興味に乏しい相手だった場合。
知らない作品ですと、へー、で会話が終了します。

漫画が好き、と一口に言っても、漫画という媒体そのものが好きな方も居れば、偶然出会った作品一つを心から愛する方も居る。

知名度は高くある必要があります。

となると、受動的に情報が入ってくる作品が望ましいでしょう。

 

受動的なインプットとしては、

  • SNSでアホみたいに話題となった
  • 購読している雑誌に載っていた
  • テレビで関連番組が放送していた

などでしょうか。

 

幼少期に触れがちな、ジャンプ、サンデー、コロコロコミックなどでの連載作品は必然的に知名度が高くなります。

つまり

以上事柄より、挙げるタイトルとして最適な条件を導き出しましょう。

 

まず、知名度のある事。

  • 2000年以降でも、ドラマ化or非深夜帯でのアニメ化したものが観れる作品
  • 連載誌が週間少年ジャンプ、サンデーorコロコロコミック

この「どちらか」に当てはまっている事とします。

 

そして、にわかと煽られないこと。

  • 努力、友情、勝利を避ける

ジャンプの信念を避ける点に関しては、完全に主観となりますのでご了承下さい。

この条件ならば、ガチ勢を納得させられる、認知度の高い作品を挙げられるはずです。

 

結局ジャンプ避けただけかよ。

 

せっかくなので、この条件に則った作品をさっくり見てみましょう。

知名度が高い、の時点で、あまのじゃく勢には八方塞がり感ありますけど。

ドラえもん

いわずと知れたマンガ。

一周まわって、最高にマンガわかってるオーラが出ます。

歴史が深い上に、熱心なファンも多いので、相手を選ばないととんでもなく深い知識が必要になります。

好きなシーンの巻数、話数くらいは言えるようにしておきましょう。

クレヨンしんちゃん

いわずと知れた奴、第2弾。

毎度映画化しつつ、イイ話だったりも織り交ぜてくる人気作品。

とっつきやすい下ネタで、僕も好きな漫画です。

ショムニ

ドラマが超絶懐かしい。

「あー!あれってマンガ原作だったんだ!」
となればしめたもの。

話にも花が咲くでしょう。

医龍

やはり医療モノは強い気がします。

方向性が違うものでいえば、Dr.コトー診療所なんかも漫画ですね。

孤独のグルメ

ドラマがある程度話題になったとみせかけて、元からのファンが沸いてただけ説も。

実際に作中で紹介されたものを幾つか食べておくと説得力が増します。

マンガってそういうものじゃない

さて、簡単に5作品ほど挙げてみましたが、いかがでしたでしょうか。

 

ネタとして軽くまとめてはみたものの、多分好きってこういうことじゃないと思う。うん。

僕はこれからもニニンがシノブ伝を推し続けます。

伝わったこと無いけど。

 

あ、でもクレヨンしんちゃんも推す。

社会の狭間でニートを叫ぶ