社会の狭間でニートを叫ぶ

最終学歴中卒、高等学校を2回中退。ゲーム暦20年、ニート暦4年。美しすぎる経歴のナウなヤングが送る雑記。

【はてなブログ】画像の向きが勝手に変わるのはどうやらexifのせいらしい

f:id:hkmy:20170502231057j:plain

どうも、画像乱用系ブロガー、hkmです。

 

当ブログのような、日記っぽいブログだと、避けては通れないのが写真の添付。

さっと撮ってさっと上げたいので、スマホで撮影することも多いんです。

 

が!スマホで撮った画像って、なんか向きが安定しないんですよね。

全部縦長にされる

スマホで撮った画像をブログにアップすると、まあひどい。

スマホを横にしようが、縦にしようが、縦向きにアップロードされやがるんです。

 

一旦パソコンに移動させて、ローカルで見てみると正しい向きなのに、アップロードすると変わる。

 

Windowsにくっついてくるペイントソフトで向きを変えようと、お構いなし。

 

流石に不便も不便なので調べてみたところ、どうやら「exif」なる情報が原因みたいです。

 

画像の情報を保存するexif

名前くらいしか聞いたことのないexif。

[Exchangeable image file format]の頭文字をとった単語のようで、日本語に訳すと「互換性のある画像ファイルの規格」ってところ?

jpegやtiff形式の画像ファイル自体に登録されている画像の情報で、「撮影日時」や「GPS情報」などのデータが保存されている部分のようで。

以下のようなデータが記録される。適切なサイズでのプリント、撮影時のカメラの設定情報などユーザーが使う上での利便性がある。

  • 撮影日時
  • 撮影機器のメーカー名(製造・販売元)
  • 撮影機器のモデル名(カメラ付き携帯電話・スマートフォンの機種名など)
  • 画像全体の解像度
  • 水平・垂直方向の単位あたり解像度
  • 撮影方向
  • シャッター速度
  • 絞り(F値)
  • ISO感度
  • 測光モード
  • フラッシュの有無
  • 露光補正ステップ値
  • 焦点距離
  • 色空間(カラースペース)
  • GPS情報 - GPS付きカメラの場合、緯度・経度・標高など。
  • サムネイル(160×120画素)

Exchangeable image file format - Wikipedia

 

ブログ用の画像はexif消していいんじゃない?

様々な情報が保存されているexif。

 

利便性、という意味では「画像の向き」が悪さしかしませんし、個人情報的な考え方ですと「撮影日時」「GPS情報」がろくなことをしません。

というか、撮影日時とGPS情報が同じ部分にあったら、それはもう個人情報とほぼ同義じゃねーのか。

 

ってことで、ブログでアップロードする画像は、exif情報消しちゃってもいいんじゃないのかな?と思った次第。

 

ExifEraserを愛用しています

さて、exifを消す!と言っても、

パソコンで右クリックして修正して……なんてするのも面倒くさい。

ということで、僕は「ExifEraser」なるフリーソフトを愛用しております。

ExifEraser - With nothing better to do

 

使い方はとっても簡単。

インストールしたら、デスクトップにでもショートカットを用意して、

f:id:hkmy:20170502225851j:plain

画像をぐぃ~っとドラッグするだけ。

f:id:hkmy:20170502230003j:plain

 

これでExifが消去され、画像の向きや個人情報が消去される、だけではなく!

なんかめっちゃファイルサイズ小さくなります。よくわかんないけど。

f:id:hkmy:20170502230401j:plain

▲25,170バイトの容量削減

元のファイルサイズにかかわらず、大体20~30KBほど軽くなるので、公開用に編集した画像なんかだと、2/3くらいの容量になったり。

 

モバイルフレンドリーで良い事尽くめです。

 

ExifEraserはネットにアクセスする?

ただ、やけに便利なExifEraser。

Vectorのレビューを見ると、「動作時、インターネットへのアクセスを試みる」との情報も。

機能には問題ないのですが、なぜか、このプログラムは、動作時にインターネットにもアクセスしようとします。気持ちが悪いので低評価としました。

ExifEraserの詳細情報 : Vector ソフトを探す!

デリケートな情報を扱うからこそ、インターネットへのアクセスはちょっと怖いかも。

 

不安な場合は、他ソフトの利用を推奨。

幸い、Exifを弄れるソフトウェアは多数ありますし。

 

SNSでは自動で削除されがち

以上、今回は、Exif情報についてのお話でした。

 

ちなみに、

「……場所やら時間やらが保存されるってことは、twitterとかFacebookとか、危ないんじゃないの?」

とお思いのあなた。

これについては、安心しても良いようで。

 

ユーザー数の多いSNSでは、このような情報についての管理も、一層注意されているもの。

  • twitter
  • Facebook
  • Instagram

といったSNSサービスでは、自動でExif情報の削除を行っているようです。

そりゃそうか。

社会の狭間でニートを叫ぶ