社会の狭間でニートを叫ぶ

最終学歴中卒、高等学校を2回中退。ゲーム暦20年、ニート暦4年。美しすぎる経歴のナウなヤングが送る雑記。

【冷凍食品】家に居ながら150円でラーメンを食える良い時代

f:id:hkmy:20170716222211j:plain

どうも、好きな食べ物は炭水化物とたんぱく質、hkmです。

 

今や冷凍食品の進歩は著しく、レンジさえあればちゃんと美味しい料理が食べられる時代。

スーパーマーケットの冷凍食品コーナーを覗くと、どれも魅力的でつい目移りしちゃいます。

 

そこで、今回は贔屓にしている商品、日清食品から発売されている「日清の中華そば」をご紹介します。

日清の中華そば

日清の中華そばは、その名の通り日清食品グループが製造している冷凍の中華そば。

 

冷凍麺において、日清食品グループは他会社の追従を許しません。

その魅力は、なんといってもその美味しさ。

そして、質の高いラーメンでありながら、安価な市場相場も見逃せません。

 

味が本当にラーメン

調理後、口に入れた第一印象は「ラーメンじゃん」というもの。

近所にこのラーメンを420円程度で提供する店があれば、ふとラーメンが食べたくなったときに立ち寄ってしまうレベルにはラーメンなんです。

 

あわせだしながらも癖の少ないスープに、至極普通のストレート麺。

さすが日清食品グループ、麺は「生麺」と言われれば、「あー、そんなもんかな」と思ってしまう程度には高いクオリティを誇ります。

 

間違っても600円は出せませんが、450円くらいまでなら出しちゃうと思います。

特に、こういった「普通のラーメン」って世の中から姿を消しつつあるので、そういう意味でもおすすめ。

 

非常に安価

日清の中華そば。

場末感漂うラーメンが自宅で食べられるだけでも特筆するべきものですが、なんと、市場価格が非常に安価なんです。

 

スーパーマーケットが冷凍食品の販売価格にしのぎを削っているのもあり、実売価格は1袋およそ300円ほど。

 

1袋2食入りとなっているため、1食あたり150円程度でラーメンを食べられる計算になります。

 

厳密には、

  • 電気

の費用が追加されますが、微々たるものでしょう。

 

超絶コストパフォーマンス

さて、400円なら喜んで食べるようなラーメンが、1食150円。

これだけでもコストパフォーマンスが高い、と評価せざるを得ません。

 

が、なんと、日清の中華そばには更なる特筆事項があるのです。

 

1食100円程度の、安い冷凍麺類を購入している方。

そんなあなたならご存知かもしれませんが、基本的に、廉価な冷凍食品は、最低限の内容物となっています。

 

でも、日清の中華そばはそこが違う。

麺やスープはもちろんのこと、メンマやほうれん草、果てにはなんとチャーシューまで乗って150円なんです。

 

チャーシューに至っては、食感のある赤味とトロトロした白身が絶妙なハーモニーを奏でるちゃんとしたもの。

間違っても大きいとは言えないサイズではあるものの、少しのトッピングが満足感を加速させます。

 

セブンの100円ラーメンに近い

さて、どんな方にもおすすめできる日清の中華そば。

ただ、セブンイレブンで販売していた、冷凍の100円ラーメンを贔屓にしている、ないししていた方には特におすすめ。

 

感覚としては、アレに50円足して、チャーシューとメンマと草が乗っかったイメージで全く問題ありません。

 

セブンイレブンのラーメンも尋常じゃないコストパフォーマンスを誇ったのですが、何故か売り場は縮小の一途を辿り、いまとなってはあまり見ないんですよねぇ。

実際、代替品として手を出したら大当たりだったパターンだったり。

 

あ、ちなみにAmazonでは売っていないのであしからず。

社会の狭間でニートを叫ぶ