社会の狭間でニートを叫ぶ

最終学歴中卒、高等学校を2回中退。ゲーム暦20年、ニート暦4年。美しすぎる経歴のナウなヤングが送る雑記。

youtuberに違和感を感じたら、めでたくおっさんの仲間入り

f:id:hkmy:20170330174556j:plain

どうも、アラサー目前、hkmです。

 

「youtuber」って方々、いらっしゃるじゃないですか。

あなたはこの「youtuber」って単語を聞いて、どう思われますか?

 

憧れ?

 

嫌悪?

 

これは、人それぞれ違うと思います。

 

ただ、理由も無く嫌悪感に苛まれた、僕みたいなあなた。

おめでとう、あなたはおっさんです。

youtuberに嫌悪感を感じていた

f:id:hkmy:20170413204754j:plain

いやね、僕もyoutuberって単語を聞くと、理由も無く気持ち悪くなっていた人間の1人なんです。

 

言語化するなら、まさに「生理的嫌悪」ってやつ。

 

動画を上げるのはいいけど、

アイラブユーチューブ!アイアムユーチューバー!

とか自称し始めた奴は寒いし、それに乗っかってる奴も気持ち悪い……みたいな。

 

でもこれって、客観的に見ると、10代の頃にうっとおしく感じた

「新しい言葉にいぶかしげな視線をぶつけるおっさん」

と全く同じなんですよね。

 

嫌な大人になりかけていた

f:id:hkmy:20170413204845j:plain

理由も無くyoutuberって単語に不快感を感じていましたが、まさに今日、このことを入浴中に気付いて愕然としました。

自分自身にあわれみを感じずにはいられませんでしたね。

 

あれだけ

「あんな大人にはなるまい」

と誓ったあの頃。

 

それなのに、大人になれていない今、すでに、あのおっさんたちと同じ道を辿ろうとしていた訳です。

 

いや、思考が凝り固まるとあかんですね。

人に押し付け始める前に気付けて、本当に良かったと思います。

ぶっちゃけ、この事実に気付いた瞬間から、youtuberって単語に感じていた嫌悪感がすーっと何処かへ消えましたし。

 

自覚して初めてわかる懐古の理由

f:id:hkmy:20170413204924j:plain

……にしても、当時あれだけ疑問だった

「なぜおっさんは頑なに若者文化を認めないのか」

がなんとなーくわかって、そういう意味では結構すっきり。

 

なんというか、自分の全盛期、つまり若い頃と比べて、今の流行が全然違うじゃないですか。

 

それに感じる違和感、というか、

「もったいない」という気持ちというか。

 

そんな気持ちからくる生理的嫌悪で、若者文化にヘイト溜めてたんですね。

 

多分、深く長く入れ込んでいた界隈のことほど、強く現れるんでしょう。

 

引きこもりダウナー系のクソネットオタク。

そんな僕が、10年前くらいの「ネット普及期」こそが思考だと、無意識に感じていたとしても不思議ではありませんからね。

 

素人が顔出し動画上げて?どや顔でyoutuber?はあ?みたいなね。

文字にしてみると当たり屋もいいところですが、「ネットはそういうものじゃない」なんて、意味のわからない先入観にとらわれていれば、それが自然になりますからね。

 

つまらない人間になっていた

f:id:hkmy:20170413205043j:plain

昨日までの僕は「ネットがつまらなくなった」なんて考えていました。

多分これは僕だけじゃなくて、昔と比べてつまらん!なんて感じる、懐古おじさんはいっぱいいることでしょう。

 

でも、多分、ネットがつまらなくなったんじゃない。

僕がつまらなくなってたんですよ。

 

だって、「おもしろフラッシュ」とか、今見たらおもしろでもなんでもない奴が9割占めるでしょ。絶対。

 

いやはや、先入観って怖いね。

社会の狭間でニートを叫ぶ