社会の狭間でニートを叫ぶ

最終学歴中卒、高等学校を2回中退。ゲーム暦20年、ニート暦4年。美しすぎる経歴のナウなヤングが送る雑記。

パソコンでテレビの地上波放送を視聴する2つの方法

f:id:hkmy:20171001222552j:plain

パソコンを用いてテレビの地上波放送を視聴する方法をまとめました。

視聴する方法2つ、おすすめしない方法1つ、そして録画におすすめなフリーソフトなど。

 

テレビアニメや金曜ロードショーを観たい。でも、テレビを買うほどじゃない。

そんなあなたのご参考になれば幸いです。

地デジチューナー

パソコンでテレビを見る。正統派な方法は、やはり地デジチューナーの利用。

PCに接続できるモデルも増えてきており、製品によってはBlueToothなどを用いてスマホでもテレビ番組を視聴できるものも。

 

外付けの地デジチューナー

f:id:hkmy:20171001215141j:plain

パソコンに接続するTVチューナーの中でも、最も基本的なものが、外付けの地デジチューナーを活用する方法。

ワイヤレスのものなども存在しますが、電波を受け取ってPCへ運ぶシステム上、有線でしっかりと接続できるものがおすすめ。

 

たとえば、Amazonで圧倒的な人気を誇る「PIX-DT300N」という製品は、USBポートに差し込むだけで運用できます。

2017年10月現在、9,000円弱で価格が推移しているので、金曜ロードショーなんかだけで元を取るのはちょっと骨が折れるかも。

▲Androidにも接続できるモデル

 

あ、Prime会員だと6,000円です。

f:id:hkmy:20171001215722j:plain

 

内臓の地デジチューナー

パソコン向け地デジチューナーには、PCに内臓するタイプも存在します。

 

ただ、電波を取得する必要があるのに、PCのケースは電波取得を前提としていません。

更に言えば、メーカー製のPCなんかだと、ネジが硬めにしめられていたりと、分解にはあまり向いていなかったり。

 

敷居が少し高い割に、最大のメリットが「なんかカッコイイ」とかなので、ここではお勧めしません。

そもそも、最近主流のノートブック (ラップトップ) PCにはどう足掻いても挿さりませんし。

ボードの差し替えとか、嫌いじゃないんだけどね。

 

WEBサイト、サービス

f:id:hkmy:20171001222030j:plain

▲TokyoMXとかまで観れちゃう

 

PCに関するソフトやハードの準備も無く、WEBからTV番組を視聴するWEBサイトサービスも存在しています。

 

サイト名は「日本電視台」。

日本電視台 Japanese TV

 

ドメインが.coですので、コロンビアのWEBサイト。

……でありながら、サイト名が中国っぽいオール漢字ということで、おそらくあまり褒められたサイトではありません。法にも穴はあるんだよな……ってやつ。

あくまで違法ではない、というだけですね。

 

また、外国のインターネットを経由して配信しているため、

  • 1分近いラグがある
  • 動画がブチブチ止まる可能性がある

点にも注意が必要です。

 

ニュースなどの視聴には差し支えありませんが、映画やアニメなど、「間」を大切とする映像コンテンツ作品を視聴する際にはいろいろな意味でおすすめできません。

 

日本電視台の使い方

使い方は簡単で、サイト内左側にある「f:id:hkmy:20171001212424j:plain」をクリックして、

f:id:hkmy:20171001220514j:plain

 

好きなチャンネルをクリックするだけ。

f:id:hkmy:20171001220609j:plain

▲名だたるラインナップ

 

該当局の番組を横流ししている配信が表示されるので、そのままストリーミング配信を見るだけ。

 

とはいえ、先ほども記載したとおり

日本 ⇒ 外国(おそらく数カ国) ⇒日本

という経路をたどっているため、ラグも大きいですし、時間帯によってはブチブチ切れたりします。

 

番外:フリーソフト

f:id:hkmy:20171001221144j:plain

よく情報を目にするものの、さまざまな理由でおすすめはできないのがフリーソフト。

 

フリーソフトには、大きく分けて

  • ストリーミング配信を視聴するもの
  • P2P接続により利用者間で映像を共有するもの

の2つがあります。

 

ここで注意したいのが、P2P接続の仕組み。

[Peer to(2) Peer]の略称でして、意味するところは「接続者の相互アップロード」。

 

基本的に、著作権者の許可が無くとも、ストリーミング配信の視聴は違法とはなりません。もちろん良いことではありませんけど。

……しかし、P2P接続だと、視聴しながら他パソコンへのアップロードもこなしてしまいます。

つまり、知らずのうちに法を犯してしまう形となります。日本においては違法となりがちなため、P2Pソフトの利用は非推奨です。

 

また、P2P接続を介さない「TV for Chrome」などは、映像番組を独自に組み合わせたチャンネルで放送されており、「地上波のTV番組を視聴」という目的には向いていません。

⇒ Google Chrome™でテレビ - Chrome ウェブストア

▲世界中のテレビ番組を視聴できるChrome拡張

 

ぶっちゃけ、放送済みの番組ならYoutubeとかに流れちゃってますよね。アレはさっさと消したほうがいいと思いますが……。

 

録画方法

f:id:hkmy:20171001221246j:plain

視聴中の動画を録画する場合、一番手軽なのは「キャプチャソフト」と呼ばれるツールを利用することです。

指定した範囲のみを録画できるため、特別な知識は必要なく、録画したい動画の画面サイズに合わせるだけで録画できます。

 

代表的なフリーソフトは、スーパーアマレココでしょうか。

スーパーアマレココには別途「AMV4ビデオコーデック」が必要になりますが、ロゴの挿入を問題としないのであれば無料でも運用できます。

課金でロゴを消せる、というタイプの有料コーデックです。

録画のほか、PCゲームの実況配信などにも活用できるソフトウェアです。

 

Windows7や、32bitOSでは利用できない点には注意が必要です。

 

Windows7やXPの場合

f:id:hkmy:20171001221342j:plain

Windows7の場合は、同作者様の作成した「アマレコTV」がおすすめ。

XPでも、アマレココという同等ソフトが提供されています。

 

思ったより近道がない

パソコンを用いてテレビ番組をリアルタイムで視聴したい場合は、チューナーの増設が手っ取り早いという、まぁなんとも言えない結果に。

 

このご時世、映像コンテンツのオンデマンドサービスなんかも充実しているので、リアルタイムでの視聴目的といえばずばり「実況」であることが多かったりして。

日本に住んでいる以上は安定して電波を受信できますし、買いきりってことなので、結局は対価を払うのが一番安全で一番楽、なんだと思います。

無料より高いモノはない、って偉い人も言ってた。

▲窓際など、電波を受信しやすい環境であれば1,000円を切る商品も

 

社会の狭間でニートを叫ぶ