社会の狭間でニートを叫ぶ

最終学歴中卒、高等学校を2回中退。ゲーム暦20年、ニート暦4年。美しすぎる経歴のナウなヤングが送る雑記。

シュレディンガーの猫とは? 意味わからんから中卒がわかりやすく紐解いた

f:id:hkmy:20170311164700p:plain

けものフレンズ9話より

 どうも、最終学歴中学校卒業、hkmです。

 

今回は、

  • シュレディンガーの猫って、実は否定的な実験だぞ!
  • しかも、なんか突っ込みどころも多いぞ!

ってお話。

雑記も雑記。

まえがき

あなたは「量子力学」について考えたことがあるでしょうか?

 

相対性理論と並び、創作物でアホみたいに引用される量子力学、という学問。

 

なぜかといえば、まじめな顔で

・可能性は重なり合って存在している!

・パラレルワールドは存在している!

なんて事を、科学的に研究している学問だからですね。

 

僕がこんな事言っても厨二病扱いなんですけど。

 

さて、そんな量子力学を研究していた、

エルヴィン・シュレディンガー

という科学者がいました。

Erwin Schrödinger (1933) 

By Nobel foundation [Public domain], via Wikimedia Commons

この方、なんと量子力学の基礎となる方程式を導き出した、偉大なお方。

シュレディンガー方程式として、今もなお使われています。

 

さて、今回のお話は、そんなシュレディンガーの、猫を使った思考実験

略して「シュレディンガーの猫」についてです。

 

何かしらの信仰がある方は、この記事における「世界」をその信仰対象に読み換えるとわかりやすいかも。

 

「シュレディンガーの猫」は猫の名前じゃない

f:id:hkmy:20170311170059j:plain

さて、「シュレディンガーの猫」。

名前だけが先行していて、正直、何なのかもわかりません。

この文だけじゃ、「シュレディンガーさんが飼っている猫」を指してるようにしかみえませんもん。

 

この「シュレディンガーの猫」は、上でも少し説明させていただきましたが、

「エルヴィン・シュレディンガーという研究者が行った、量子力学のおかしい点を指摘するための、猫を使った科学的な妄想」

です。

 

シュレディンガーは、量子力学の基礎を作った科学者の1人。

そんな人が、「やっぱ量子力学っておかしくない???お前ら頭大丈夫????」という疑問を投げかけるために行った科学的な妄想なんですね。

 

あ、妄想なので、犠牲になった猫ちゃんはいません。

 

ちなみにこの、「科学的な妄想」のことを「思考実験」と呼びます。

 

「量子力学」のおかしさ

f:id:hkmy:20170311170205j:plain

シュレディンガーの猫。

 

この実験を理解するには、まず

量子力学のおかしい点

を軽く理解しておく必要があります。

 

簡単に説明してしまえば、

「誰も見てないなら、何が起こっているかこの世界にもわからない

という科学的裏付けのあるぶっ飛び解釈です。

hatejob.hateblo.jp

▲「科学的」について

 

サッカーで、ルールである審判が見てないなら、手を使ってても使ってない、みたいな感じ。

ここでポイントなのは、「反則じゃない」のではなく、「手を使ったという事実が存在しない」ということ。

ルールという枠組みに則ってゲームが進行している以上、審判が見てなければ、そのゲーム内では手を使ってないんです。

 

こんなんわかりやすく説明できない。

 

  • 二重スリット実験

とか、

  • 多世界解釈

とかで調べると、なんかそれっぽく理解できるかも。

 

文献とかではないのですが、こちらのサイト様ですとか、

量子力学 2重スリット実験 - 哲学的な何か、あと科学とか

▲オススメ

こちらの動画が有名でしょう。

www.youtube.com

▲正直わかりにくい

「シュレディンガーの猫」とは

f:id:hkmy:20170311170527j:plain

「誰も見てないなら、何が起こっているか世界にもわからない」。

これってぶっちゃけ、おかしいんですよ。

いや、だって実際起こってるんだから。

 

そりゃシュレディンガーも、

いやおかしくね????

ってなるんですよね。

 

その結果、おかしさを伝える為に行った思考実験が「シュレディンガーの猫」。

 

内容としては、

  1. 外からは絶対に中が観測できない箱を用意する
  2. 猫を入れる
  3. 放射性物質を入れる
  4. 放射線をスイッチに、毒が発生する装置を入れる

このようなもの。

 

過激すぎてサーバルちゃんも真っ青。

狩りごっこが、ごっこで無くなる瞬間も近いですね。

 

放射線って、まあめっちゃ小さい現象の話なんですよ。

原子よりも、もっと、もーっと小さい。

 

小さすぎて誰にも見えませんので、コイツらは世界の法則無視し放題じゃね?というのが量子力学の1部分。

 

さて、これで何が起こるかというと、

  1. 小さすぎて誰にも見えないので、放射線が出ているか、世界にもわからない
  2. 放射線が出ているかわからないので、装置から毒が発生しているかもわからない
  3. 装置から毒が発生してるかもわからないので、猫が生きてるか死んでるかもわからない

結果、箱を開けて中身を見るまで、猫の生死が世界にすら不明じゃん。

これはおかしいだろ?

っていう思考実験です。

 

ちなみに、この状況を

生きている猫と死んでいる猫が同時に存在している

なんて表現をしている事も。

 

そう、これこそが「シュレディンガーの猫」という実験の本質。

「シュレディンガーの猫」もおかしいけどね

f:id:hkmy:20170311170611j:plain

ただまあ、このシュレディンガーの猫。

思考実験なだけあって、突っ込みどころも多いですよね。

 

例えばまず、

  • 「外からは絶対に中を観測できない箱」

そして、

  • 「誰も観測できてないから猫の生死が不明」

 

外からは絶対に中を観測できない箱

f:id:hkmy:20170311170324j:plain

えーっと、中が見えない箱。

これ、物理的に無理。

 

どちらかというと、今の科学力じゃあ、頑張ればちょっと見れちゃう。

と言うほうが正しいでしょうか。

 

どうあがいても、完全に光や音を遮断できる物質なんて存在しません。

 

そうなると、めっちゃ頑張ればめっちゃちょっと観測できたりします。

 

頑張らなきゃ良いんじゃね?という理屈ですと、皆が目を閉じれば済む話、になっちゃいますし。

 

「外から中を見られない箱」の存在する仮定で話が進んでいるため、そもそも結論は出ない思考実験ですよね。

 

誰も観測できてないから猫の生死が不明

f:id:hkmy:20170311170359j:plain

で、「誰も観測できてないから猫の生死が不明」。

いや、猫が見てるし。

 

昔の研究にありがちなんですけど、なんか人間だけを特別視してるんですよね。

猫にも自由意志はあるだろうから、猫が思いっきり観測してるっちゅーねん。

 

結局、猫は自分の生死がわかっちゃう。

生死がわかるってことは、毒が出てるかもわかっちゃう。

毒が出てるかわかるってことは、放射線が出てるかもわかっちゃう。

 

逆に、放射線の有無を特定することには成功していますけど、猫の生死は決まってる、気がする。

社会の狭間でニートを叫ぶ