読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会の狭間でニートを叫ぶ

最終学歴中卒、高等学校を2回中退。ゲーム暦20年、ニート暦4年。美しすぎる経歴のナウなヤングが送る雑記。

「時は金なり」なんて、口では言うけど体が正直なんだよなぁ

どうも、貧乏暇無し、hkmです。

 

アルバイトをするようになって、無意識に外食の機会が増えたんですよ。

 

昔は、380円の牛丼を食うか食わないかで30分くらい悩んだりしてたんです。

 

なのに、ここ最近は、

「気になってた店、ランチやっとるやんw 1,000円しないし食ってくかw」

なんて使い方が多くなってきて。

 

ランチ自体は超美味かったので良いんですよ。

むしろ、1,000円でも安いくらいで。

 

ただ、何故ここまで意識が変わるのかは、自分でも気になる。

完全ニート状態だと、財布に幾ら入ってようが避けてたんですよね、いわゆる「衝動買い」ってやつ。

 

ってことで、理由をちょっと考えてみたら、まあ「過ぎ去った時間」を軽視しすぎなのかな、と。

過去のインパクトが足りない

過ぎ去った時間を軽視しすぎ。

というよりは、過去は所詮記憶でしかない、というか。

 

すっげぇ痛い歯科治療でも、過ぎ去ればなんともないし。

吐きそうになった入院生活も、過ぎてしまえば笑い話。

 

そうなると、労働した時間が過去のものなる給料日は、

「大したことない労働の対価の、さらに1%くらいなら適当に使っていいだろ」

って心理が働くんですよね。

 

これが、人様からもろた10,000円だったりすると、違ってきますよね。

使おうとするたびに、その「人様」の苦労を想像しちゃって大事に使うはず。

 

「考えてる時間」が今なのに対して、「働いてる時間」が過去だから、ここまで意識変わるんだろうなぁ。

 

労働と賃金が脳内で結びつかない

これって、実際に行った労働と、いただいている賃金が、脳内では無意識に「別のもの」として扱われているんだと思います。

 

そもそも、時給1,000円だとしたら、その人の持つ1,000円には「1時間」の価値があるはず。

それなのに、いざ給与を受け取ってみると、「1,000円くらいなら……。」なんて適当に考えちゃいますよね。

少なくとも、「1時間くらいなら……。」とは考えないでしょう。

 

特に、無駄遣いする人に顕著なんじゃないでしょうか。

実際、僕もアルバイトをする前と比べて、お金を雑に使うようになりましたし。

 

で、投げっぱなしもあかんな、と思って、対策についても考えてみたんです。

 

役割の分担で対策できそう

その対策。一番最初に思いついたのは、

「仕事をする奴と、給金を管理する奴を分担する」

これ。

 

他人が労働した対価だと、どんな労働をしたのか思いをめぐらします。

そうすると、時間をリアルタイムに感じる事ができるんですよね。

頭がしっかり「時間 = お金」だと認識すれば、早々無駄遣いもできないでしょう。

 

で、もって、まさに、この実例が日本では主流になってるんですよ。

 

そう、それが、主婦。

あ、あと主夫。

 

サラリーマンが、

「お小遣い製だから、満足にお昼ご飯も食べられない!」

なんて話を聞いて、なんとも言えぬ人生の墓場感を感じていましたが、その実すげぇ理に適ってたっていうね。

 

分担する相手は選ぶ必要がある

ただ、労働と管理の分割ってのも、

  • 完全被扶養
  • フリーター

の両方を経験したから出てくる考え方であって。

 

  • 当然のように労働を経験せずに主婦(夫)入り
  • 学生時代からがっつりバイトしてそのまま大黒柱

って方同士での分割は、

  • 稼ぎが少なくて家計が回らんぞ!
  • 自分の稼いだ金で散財するな!

なんて不満が頻出して、お互いイライラが募るはずなんですよね。

 

結局は、お互いに感謝しあえるパートナーを見つけるのが大事だな、って所に落ち着く。

 

……それができたら苦労しねぇわ。

社会の狭間でニートを叫ぶ