社会の狭間でニートを叫ぶ

最終学歴中卒、高等学校を2回中退。ゲーム暦20年、ニート暦4年。美しすぎる経歴のナウなヤングが送る雑記。

ぼくのかんがえた牛乳のさいきょうに美味しい飲み方5選

f:id:hkmy:20170220000647j:plain

どうも、万年カルシウム過多、hkmです。

 

マグカップに注いでレンジでチン、それだけで美味しい牛乳。

なんならコップに注ぐだけでも美味しい。

でも、そこに一手間加えると更に美味しくなる。

 

今回は、その一手間をご紹介。

はちみつを入れる

牛乳をレンジでチン。

膜が張る前に、おおさじ一杯、そのへんのスーパーで買ってきたはちみつを入れます

 

甘みが付与されるだけでなく、風味はそのままにさっぱりした飲み口になります。

最初は風邪の時に試していた物ですが、今では基本的にこの飲み方。

ちなみに風邪には効きませんでした

 

蜂蜜と咳

実感はありませんでしたが、蜂蜜が風邪に効くというのは、臨床的に検証された事実らしいです。

正確には、咳を抑える効果があるんだとか。

参考:咳に効くハチミツ

喘息の症状がある小児を3グループにわけて、就寝30分前に

  • ハチミツ
  • 痰きりの薬
  • 無処置

を与え、経過を観察した結果、ハチミツが1番高い効果を示したっつー話です。

参考文中の、「DM(デキストロメトルファン)」というのがお薬を指していますね。

 

 

ミルクココアを入れる

市販の飲用ココアパウダー、というと、お湯なり牛乳なりで溶かす。

そうやって「ココア」を作るものが一般的です。

 

そんな粉を、砂糖代わりにしてみる。

ココア粉に牛乳を注ぐのではなく、牛乳にココア粉で風味を加えるんです。

 

少量なのでダマにもなりませんし、しっかり牛乳感を残しながらココアに寄ります。

普通にココアを作るより美味しかったりするので、ココアを作った際に口が粉っぽくなるのを嫌う方は是非。

 

僕はココアがある時によくやります。

ココアのパックがめっちゃ長持ちするのも特徴。

乳飲料を割る

市販のいちごミルクなど、よく飲むんですけども。

安価な物では、生乳の割合が低い物も多いです。

そこで、

○○ミルク:生乳

これを1:1で混ぜると、あたかも瓶のいちご牛乳のように!

……は言い過ぎかもしれませんが、普通に飲むより牛乳します。

 

乳飲料とは

ちなみに、乳飲料というのは、乳固形分3.0%以上を含む飲料を指します。

乳固形分とは、牛乳から水分を除いた成分のこと。

牛乳そのものでも12%程度なので、大体1/4は牛乳ってところでしょうか。

参考:ことば辞典-無脂乳固形分

 

これ以下の場合は特に指定がないので、「清涼飲料水」になるのかな。

清涼飲料水って単語、万能すぎる気がする。

抹茶アイスにかける

ポピュラーなアイスクリームフレーバー、抹茶。

もちろんそのまま食べても美味しいのですが、牛乳をかけると更に美味しくなります。

 

抹茶の尖りを牛乳のやわらかさが包み込み、体感100円くらいお高いスイーツになります

液体をかけるので、アイスもゆるゆるに。

 

バニラアイスクリーム<ミルクアイスクリーム

という方には是非オススメの食べ方です。

 

あ、バニラやイチゴでも試しましたけど、抹茶が一番おいしかったです。

レディボーゲンが丁度良くておすすめ。

ダッツはちょっと高すぎて勿体無い感じが。

 

アイスクリーム?アイスミルク?

ちなみに、牛乳をかけるのは、成分表示の品名に「アイスクリーム」と書いてあるものがおすすめ。

アイスの種類は大きく分けて4つありまして、

  • アイスクリーム
    (乳固形分15.0%以上 うち乳脂肪分8.0%以上)
  • アイスミルク
    (乳固形分10.0%以上 うち乳脂肪分3.0%以上)
  • ラクトアイス
    (乳固形分3.0%以上)
  • 氷菓

となっています。

乳固形分については、乳飲料でも説明したとおり。

乳固形分とは、牛乳から水分を除いた成分のこと。

牛乳そのものでも12%程度なので、大体1/4は牛乳ってところでしょうか。

アイスクリームに至っては、牛乳より牛乳なんですね。

牛乳を注ぐ事で、ミルク感を増やした気分でいたんですけど、実際乳成分減ってるっていう。

 

ペットボトルのブラックコーヒーを割る

コーヒー牛乳。

安価で市販されているカフェオレ、コーヒー牛乳は、乳部分へのコストダウンを計っていることが多いです。

 

そこで、ペットボトルなどで市販されている純コーヒーを、生乳で割ると質の高いコーヒー牛乳にする事が出来ます。

 

牛乳を安価なプライベートブランド製品などにすれば、瓶のコーヒー牛乳よりよっぽど安い。

ちなみに、カフェラテにどの程度乳成分が含まれているかは、品質表示を見るとわかります。

乳飲料というのは、乳固形分3.0%以上を含む飲料を指します。

逆に言えば、「乳固形分」さえあれば牛乳が入っていなくても乳飲料なので、市販のカフェラテは風味が落ちる事も多いですね。

やっぱり牛乳って偉大。

そのままもおいしい

で、久しぶりに何も入ってない牛乳を飲むとまたおいしかったり。

 

以上、僕は普段こんな感じで牛乳飲んでます。

たまーに飲む機会に恵まれるたっけー牛乳とか、久しぶりに飲みたくなった。

社会の狭間でニートを叫ぶ