読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会の狭間でニートを叫ぶ

最終学歴中卒、高等学校を2回中退。ゲーム暦20年、ニート暦4年。美しすぎる経歴のナウなヤングが送る雑記。

【天然パーマ】思春期の縮れ毛は自然に治る事もある!人間ってよくわからん……

f:id:hkmy:20170220001734j:plain

どうも、全盛期のあだ名はアフロ、hkmです。

 

かれこれ小学4年生、10歳頃から天然パーマとはお付き合いをしております。

 

幼少期はサラッサラのストレートだったものの、気づけば天然パーマ。

徐々に変化していったので、級友に指摘されるまで気づかなかった有様です。

 

パーマパワーはひたすらに上昇し続け、全盛期の中学生時代では髪型だけで上級生とのコミュニケーションが発生するレベルへ。

 

最終的にはそこそこうねってる程度で落ち着いています。

 

結果として、「天然パーマが治った」

そんな、ただひたすらに天然パーマと付き合ってきた男の昔話。

 

あ、つむじも2つあります。

天然パーマって何?

縮毛(しゅくもう)とは、毛髪が縮れていること。特に頭髪のことを言う。縮れ毛(ちぢれげ)、ともいう。人工的に創りだすパーマネントウエーブの手法が開発され、自然の縮毛のことを天然パーマ(てんねんぱーま)というレトロニムで呼ばれることもある。

縮毛 - Wikipedia

当然対になるのは科学的なパーマネントウエーブ。

パーマをかけずにうねってるから天然パーマになります。

 

直毛の方で、天然パーマがうらやましい、という方もいらっしゃいますが、ランダムなうねりを乗りこなすのは大変だぞ。

 

ちなみに「レトロニム」とは、新しい物が出来たことにより必要になった、今までにもあった物に付ける新しい名称だそうで。

カラーテレビが出てから白黒テレビと呼ばれたり、外来酒が来てから日本酒と呼ばれたり。

髪、うねる

天然パーマとはいえ、幼少期からうねっていたわけではありません。

 

むしろ8歳頃まではサラッサラ、パーマのパの字もありませんでした。

ですが、徐々に徐々にうねりはじめていたのでしょう。

あれは10歳頃でしょうか。

 

日の変化は僅かなので自覚はありませんでしたが、ある日、級友に指摘されて気づきました。

 

俺、天然パーマやないか

そのうねり、胎動の如く。
歳を重ねる毎に癖は強くなっていきました。

アイデンティティ

そのまま小学校を卒業、中学校へ入学する頃には、それはもう立派な球のような髪形になっていました。

入学早々廊下では上級生とのコミュニケーションが発生する始末。

治安は良かったので不快なイジリはありませんでした。

ですが、3年通して帰宅部だったhkmさんはあれが唯一の上級生とのコミュニケーションでしたね。

うねり、轟沈す

f:id:hkmy:20170220004537j:plain

そして進級した中学2年のある日。
ある日美容院で縮毛矯正を勧められ、せっかくなのでキメる事にしました。

別に天然パーマがコンプレックスなどと言った事はなく、断れなかっただけです。

hkm家は押しに弱い。押されてる訳でもなかったけど。

 

縮毛矯正って凄いんですよ。

 

初めての矯正はそれはもうサラッサラになりまして、目の上で調整していた前髪は鼻の下まで降りてくる。

 

人生24年間で、1番髪型が決まらなかったのは間違いなくあの期間でした。
サラサラだとサラサラで、重力に任せるしかなくなるんですよね。

 

当然、上級生とのコミュニケーションはなくなりました。お互い苗字も知らなかったので当然です。

逆襲のうねり

ですが髪の毛は生きています。根元から伸びて来る訳です。

こうなると当然、根元くるりん毛先スパーン!のなんとも言えない状況になるわけで。
これが一番ひどい。

 

重力に任せるしかないのに横に広がりますからね。

しょうがないので数ヶ月のスパンで数回、矯正を行う事になります。

 

……が、2回目以降。

明らかに1回目とのサラサラ具合に差があるんですよね。

 

スタイリストさんがあえてうねりを残してくれたのかな、とも思いました。

 

ですが、まっすぐになっただけで髪の毛に段差があったり、どうも痛んでいる印象。

ゴワゴワもしていましたし、それなりに値も張るということで結局3回程度でやめてしまいました

 

矯正していた期間は計9ヶ月くらいでしょうか。

その後は矯正をせずにカットだけですごしていました。

共存

f:id:hkmy:20170220004631j:plain

するとどうでしょう、直毛状態の時に体調の変化があったのか、程よいパーマパワーになっていたんです。

徐々に弱まっていたのか、はたまた矯正時の物理的衝撃が効いたのかは分かりません。
が、可能性としては前者の方がありえそう?

 

直毛が天然パーマへと変貌した訳ですから、逆もあり得ない話ではないはず。

 

原因としては不明ですが、とにかくパーマパワーが落ち着きました。

人類とうねりが手を取り合った瞬間です。

今はドライヤーでのブローと手櫛でそれなりにまとまるようになったので、薬を使った施術は行わないようにしています。

試してみるのも一興ですよ

思春期であれば、縮れ毛を諦めるのはまだ早いんじゃないか、と。

 

そして、両方経験した身としては、

  • ストレートの時はパーマがうらやましい
  • パーマの時はストレートがうらやましい

結局隣の芝が青いだけなんじゃないかな、とも。

 

ちなみに、初矯正当時中学2年生でしたが、突然サラった髪について、変ないじり方をされる事はありませんでした。

結構イジられキャラだったけどね。

他人の反応が気になって矯正が踏み出せない、特に思春期の方。

やるかやらないかで迷っているなら1回くらいはやってみてもいいかもしれません。

 

体に良いもので無いのは間違いありませんけど!死にはしない
髪質って、本人からすると案外強いコンプレックスだったりもしますし。

 

記事としてはあまり上手くまとまっていませんが、気になる方の参考になれば幸いです。

天然パーマなだけに。ってか。

 

ちゃうねん

社会の狭間でニートを叫ぶ