社会の狭間でニートを叫ぶ

最終学歴中卒、高等学校を2回中退。ゲーム暦20年、ニート暦4年。美しすぎる経歴のナウなヤングが送る雑記。

布団の中で足がムズムズするアレ、病気だったんだね

どうも、ポンコツだけどアンドロイドではない、hkmです。

 

あなたは、布団に入って「さぁ寝よう」となったとき、スネのあたりがムズムズしたことはありませんか?

僕はしょっちゅうあります。

 

小さい虫が這うような、なんとなくいやーなムズムズ。

実際は虫なんて居る訳無くて、ちょっと何かが触れるだけで治るようなムズムズ。

 

実はこのムズムズ、れっきとした病気らしいんです。

その名も「むずむず脚症候群」。

 

えぇ……。

むずむず脚症候群

むずむず脚症候群。

なんというか、まぁこれ以上無い病名と言えば病名ですよね。

 

病名がちょっと可愛らしいせいで、微笑ましい病気に見えてしまうむずむず脚症候群。

ただ、そんな生易しい病気ではないようで。

 

出典も無いため、信用に値するか、といえば否ですが、Wikipediaによれば「自殺する人もいる」らしい。

いや、調べてもそれらしい事例が出てこないので、真偽の程は疑わしいですが。

 

合併症が多い

まず、症状に伴う合併症の多さが恐ろしい点。

深夜帯に多く発症することから、不眠症を患うことが多い。

毎夜のようにムズムズすると、ノイローゼを患うことも想像に容易いです。

 

不眠症やノイローゼにより日中の疲労感は蓄積されますし、行き着く先には重い鬱。

 

元は身体へのダメージであるにもかかわらず、最終的には精神に深刻なダメージを与える病気なんです。

 

個人差が激しい

また、症状の個人差が激しい。

病名の可愛らしさも相まって、他の人から理解を得にくい点も「むずむず脚症候群」の恐ろしさでしょう。

 

僕の症状としては、「小さい虫が這っている」程度のもので、何かが触れるだけでも治まるため、別段気になるものでもありません。

が、人によっては「針で刺すような激しい痛み」を感じる方もいらっしゃるようで。

激痛ともなれば、気にするなと言うほうが無理でしょう。

 

簡単な腹痛で神に対する脳内懺悔を始める身としては。想像するだけで恐ろしい。

 

症状は薬で大きく緩和される

ただ、症状は薬が効くらしい。

厳密には、治るわけではないものの、症状が日常生活への支障が無いレベルまで緩和されるらしいです。

それも、8割を超えるような方が。

 

正確な原因は解明されていないものの、5大感覚の一つである「触覚」が関係していると考えられているむずむず脚症候群。

 

薬で触覚を少し抑え込むことで、問題ない範囲まで症状が緩和されるのだとか。

 

生理現象なのかわかりづらい

それにしても、これって生理現象なのか病気なのかわかりづらいですよね。

 

何も無くても「なんかかゆい」というのは存在しますし、そりゃかゆければむずむずしますし。

 

症状の個人差が激しいことからも、これが

  • ただかゆいのか
  • むずむず脚症候群なのか

なんて、なんなら医者でも判断が難しいでしょう。

 

この辺りの線引きってどうしてるんでしょうね。

社会の狭間でニートを叫ぶ