社会の狭間でニートを叫ぶ

最終学歴中卒、高等学校を2回中退。ゲーム暦20年、ニート暦4年。美しすぎる経歴のナウなヤングが送る雑記。

【音ゲー】おすすめのリズムゲームアプリランキング30選まとめ【スマホ】

f:id:hkmy:20171104023326j:plain

まずは、スマホでちゃんと遊べる音ゲーアプリが30個もある事に驚いて欲しい。

音ゲー暦12年のオッサンが選ぶ、リズムゲームランキングトップ30をご紹介。

珠玉の30作品にした、つもり。

本気で30作品をまとめました

音ゲーに触れ始め、早12年が経過した僕。

フロンティアスピリッツを忘れずに様々な音ゲーアプリを開拓しようと調べる訳ですが、

  • 「音ゲーアプリランキング!」
  • 「おすすめリズムゲーム一覧!」

みたいな記事って、正直どれも浅いじゃないですか。とりあえず並べただけ感が強くて、主観を感じないというか。

 

じゃあ、自分で作るしかないよね。

ってことで、スマホで遊べる音ゲーアプリを厳選してまとめました。

厳選したとはいえ特殊なゲームも多いので、大抵の方は知らないアプリゲームに出会えるはずです。

めちゃくちゃ主観が入ってるので、1位が最強ゲーかって言われるとわからん。

どれも面白い、ってことで1つ。

 

1位:O2Jam U

f:id:hkmy:20171103211758j:plain

判定 ゆるゆる
難易度 激ムズ
処理 重い
親指プレイ 不可能

O2jamUは、韓国で作られたオンラインリズムゲーム「O2jam」をスマホアプリに移植した作品です。

当時アジアで爆発的に流行った、「BeatmaniaIIDXのパクリゲー」の一つですね。

 

PC版では7レーンのリズムゲームでしたが、移植するにあたって2,4,5レーンの3タイプから選択できるようになり、スマホでも遊びやすいゲームに仕上がっています。

f:id:hkmy:20171103214642j:plain

 

O2jamUの特徴は、なんと言っても難易度の難しさ

f:id:hkmy:20171103214751j:plain

現存曲ではレベル35までの楽曲が存在するにも関わらず、レベル25程度から音ゲー経験者に向けた難易度となり、30を超えると製作者の良心を疑うレベルに。

ですので、30台後半にもなると「フルコンしたやつゴーリラ!」と言わんばかりの滝が一生降ってきます。そもそもタッチパネルで16分縦連打ってなんだよ。

 

歴戦の音ゲープレイヤーを満足させる難易度もそうですが、個人的にはシステム周りも好印象

画面の向きが縦でも横でも同じ難易度でプレイできるリズムゲームって、実はO2jamUくらいじゃない?

縦向きだと真上から、横向きだと奥からノーツが降ってくるので、プレイスタイルに応じて選べてめっちゃ捗るんですよ。

 

欠点としては物量から来る処理の重さ。処理落ちこそ起きないものの、僕のiPadAir君では定期的な強制終了を免れません

とりあえず、普通に難しい硬派な音ゲーをやりたいなら、O2jamU一択でしょう。「Ultimate rhythm game」のキャッチコピーは伊達ではない。

あ、平気で3つ同時押しとかさせられるんで、親指プレイは無理です。少なくとも人間には無理。

O2Jam U
O2Jam U
 
posted with アプリーチ

 

2位:Dynamix

f:id:hkmy:20171103214953j:plain

判定 普通
難易度 難しい
処理 軽い
親指プレイ 可能

o2jamが力の音ゲーだとするなら、Dynamixは技の音ゲー

ぱっと見は普通の落ち物リズムゲームなのですが、なんと左右の壁にもノーツが降ってきます

認識の難しさから、譜面難易度を上げているタイプのゲームですね。

 

とはいえ、それがストレスになっていないのはお見事の一言。

 

個人的な第一印象は「CHUNITHM」のような、うまくはできないけど初心者でも面白いタイプのゲームです。

後付けの難しさがそのままストレスに直結していないゲームは少ないので、かなり新鮮に楽しめてます。良くできてる。

待機画面を始めとしたUIもかなりオシャレで、起動してから終了するまで全部楽しいのはセンスの為せる業でしょう。

 

Key数の固定などは無いタイプなので、端末毎に慣れを共有しづらいのが難点でしょうか。

画面の大きさが変わるたびに、体へ覚えなおさせないといけないんですよね。うーむ。

Dynamix
Dynamix
 
posted with アプリーチ

 

3位:Cytus

f:id:hkmy:20171103224518j:plain

判定 ゆるゆる
難易度 難しい
処理 普通
親指プレイ

こんなに早くRayarkゲーを出すと、どうもにわか感が出ちゃうけど面白いから仕方が無い。240円。

 

このCytusは、画面に出てきた円状のノーツを「リズムに合わせて移動するライン」と重なった瞬間にタップするゲームです。

ぱっと見では縦に動くDJMAXTechnikaなのですが、プレイしている感覚としてはサークルの無くなったosu!に近い感じ。

流石のRayark、操作感がとても秀逸で、リズムに合わせてタップしているだけで気持ちいいのが評価点。

 

システム的に譜面難易度はユルユルかと思いきや、悪名高い「Freedom dive」も収録されており、音ゲーガチ勢も長く楽しめる内容になっています。

譜面によっては特殊な操作で裏譜面が出現したり、チャプター毎にストーリー映像が流れたりと遊び心も多め。

かの「Freedom dive」にも裏譜面が収録されており、動画とか見ると普通にわろけてきます。あれ市販のタブレットでできるやつなんだね。

 

ぱっと見親指プレイは厳しそうに見えるのですが、タッチペンでプレイしている動画とかもあるので、やろうと思えばできなくはありません。おいたほうが楽しいけど。

Cytus
Cytus
¥240
posted with アプリーチ

 

4位:バンドリ!ガールズバンドパーティ!

f:id:hkmy:20171103224624j:plain

判定 ゆるめ
難易度 普通
処理 普通
親指プレイ 可能

キャラ系音ゲーの中では、個人的にはガルパがお気に入り。

キャラクター度外視で、リズムゲームパートだけを見るのであれば、ガルパとデレステが双璧を為している印象です。

 

中でもガルパは、フリックがどの方向でも良かったり、多少タップ位置がズレても反応したりと、とにかく「プレイ時の気持ち良さ」に特化しています。

この辺の仕様については、ガルパ豆知識の記事をご参考のほど。

 

ただ、その分ゲームとしての難易度は下がっています。ストイックなプレイヤーには向いていません。

譜面密度の高い7Key音ゲーってことで、ヌルゲーすぎる訳ではありませんけどね。

 

あとは、楽曲のプレイだけならスタミナが不要なのも嬉しいところ。キャラゲーにしては珍しいです。

UIが「CHUNITHM」に似てる、っつーかまぁ若干パクってるので、とっつき易いのもポイント。逆に、ガルパからCHUNITHMへ移ってもすんなり遊べます。

実際に僕が後者でした。カバー曲が多いのもいいぞ。

ガルパに関する記事一覧

バンドリ! ガールズバンドパーティ!
バンドリ! ガールズバンドパーティ!
開発元:Craft Egg Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

5位:DJMAX TECHNIKA Q

f:id:hkmy:20171103230252j:plain

判定 ゆるめ
難易度 難しい
処理 普通
親指プレイ 不可能

元はゲームセンターで稼動していたゲームの、DJMAX Technika。

最初にビーマニパクって音ゲー(DJMAX)作ったら、コナミから訴えられたし……ってんでしょうがなく作ったら面白くできちゃったゲームです。

なんだかんだで和解しているらしく、日本でTechnikaが稼動した際はコナミがリリースしてましたね。

 

外国の音ゲーって、コナミの所有する「上から落ちてくる系音ゲーの著作権」に縛られなかったり、ビーマニのバズで生まれた固定概念が無かったりで、日本には無い感じの面白いゲームが出て来がちなんです。特に無法ムーブが得意な国。

このTechnikaもまさにその流れでして、ゲーム内容としては左から流れるラインに合わせてサークルをタップするだけなのですが、「演奏している感」が強くて気持ちいい

アプリゲーには珍しい、打鍵音でそのまま楽曲を演奏するタイプのゲームなんですよ。それこそビーマニみたいな。

タップの反応もなかなかに良く、端末にイラつくことは少ないハズ。

 

惜しむらくは、このTechnikaを参考にして作られたであろう「Cytus」が面白すぎること。

人間の手って、横より上下の方が良く動くし、動かしてて気持ちいいんですよね。人体工学的に……。

 

ただ、なんといってもDJMAXということで、かのESTiの名曲「OBLIVION」をはじめとしたイケイケミュージックは多数収録されています。

それらが自分の手で演奏できるとなれば、やっとかない手は無いでしょう。

DJMAX TECHNIKA Q - 音楽ゲーム
DJMAX TECHNIKA Q - 音楽ゲーム
開発元:NEOWIZ
 
posted with アプリーチ

 

6位:シンデレラガールズ スターライトステージ

f:id:hkmy:20171103230846j:plain

判定 ゆるゆる
難易度 難しめ
処理 普通
親指プレイ 可能

キャラゲーの中では、ガルパと双璧を為すであろうデレステ

あくまで「個人的には」ですけど。

 

流石のバンナムというか、流石のCygamesというか、とにかく操作感が素晴らしい

タップした瞬間、ちゃんと反応する。現状のアプリリズムゲーム界隈においては、それだけで価値があります

システム的にもとっつき易い5Key仕様で、床置き派なら予め全レーンに指を置いておけますし。

 

また、キャラゲーとしての質も高く、特に「ルーム」と称したハウジングシステムの完成度は目を見張るものがあります。

可愛らしいSDキャラや、出来のいいインテリアの組み合わせなど、気づけば1時間部屋いじってた、なんてことも。

 

ただ、フリック距離を稼ぎたいがために、リズムが犠牲になっている譜面の存在が減点ポイント。

例えば真ん中から最右までフリックさせるのに、最低でも2回打鍵音が鳴っちゃうんですよね。これがあんまり気持ちよくない。もったいない。

 

あ、本気でリセマラするなら、節目のイベントまで待ったほうがいいかも。

2周年スゴかったし。

デレステのリセマラが2周年で革命を迎えた

アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ
アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ
 
posted with アプリーチ

 

7位:Zyon載音

f:id:hkmy:20171103231752j:plain

判定 ゆるゆる
難易度 簡単
処理 軽い
親指プレイ 可能

中国産のサークルタップ系音ゲー、Zyon(載音)。120円。

目を引く可愛らしい女の子は、どうやら向こうのVOCALOIDのようで。

DIVAみたいなもんか。

 

全体的に細い線を使ったデザインと軽めの動作で、スタイリッシュなプレイ体験を得られるアプリゲームです。

Zyonに限った話でも無いですが、やはり有料のアプリは丁寧に作り込まれており、長い事遊べる感じ。

 

特に完成度が優れている点としては、3つのプレイモードでしょうか。

5つのサークルをタップするだけのDOTS、ラインに合わせてタップするPURE、色に合わせてタップするDUALがあるのですが、この3つがちゃんと相関関係にある

DOTSなんかは後から実装されたのにも関わらず、ゲームとして馴染んでますからね。

簡単にするためにKey数を減らしただけ、のような「結局一番難しいのやるじゃん」というモード分けではなく、全てがしっかりと独立しています。

それでなお、どれも面白いうえに、操作感が1部だけ共有されているために技術の持ち越しもできる。

 

120円分は間違いなく遊べるハズ。

 

8位:Deemo

f:id:hkmy:20171103232856j:plain

判定 厳しい
難易度 難しい
処理 普通
親指プレイ 可能

天下のRayarkゲー第二弾。Deemoは一番有名な奴、のはず。240円。

少しセピアがかったような美しい雰囲気と、ピアノを基調とした楽曲が綺麗なゲームです。

奥からノートが寄ってくるシステムで、ノートが流れるレーンはなく、手を左右に動かさないといけないタイプですね。

 

3つ同時押しやえげつない構成でこそ振ってこないものの、自由な挙動で流れてくる16分ノーツは見た目より拾いにくく、長く遊べるスルメゲームです。

ただ、「見た目より拾いにくい」というのが難点で、どうしても「俺上手ぇw」的な気持ちよさが少なくなっています

逆に「こんなんもできねーのかよ」な気持ちに苛まれてしまいがちなので、気持ち良くなりたいだけの僕には合わなかったゲームでした。

 

とはいえ、合わなくても8位に入れちゃう程度の完成度は十二分にあります。伊達に様々な場所でオススメはされていません。

Deemo
Deemo
¥240
posted with アプリーチ

 

9位:Arcaea

f:id:hkmy:20171103233428j:plain

判定 普通
難易度 難しい
処理 重い
親指プレイ 可能

読み方はアーケア。

2つの判定レーンを活かした3次元的な音ゲー、とのことで「CHUNITHMみたいな感じかな?」と思いきやその実はSOUNDVOLTEX

上空レーンと地上レーンでお互いに指が干渉しづらいので、運指が鍵になるタイプの音ゲーです。

 

リズムをとりやすい「カツッ」という打鍵音や、スムーズなタップ感で、独特なシステムに似合わずストレスフリー

脳の普段使わない部分を存分に使うので、脳トレ感があるタイプのゲームですね。初見時は特に。

 

とりあえず、16分の乱打を叩いていて気持ち良い音ゲーは良ゲーの法則。

疾走感やべぇ。

 

注意すべきは処理の重さで、特に、各楽曲の初プレイ時はタップが一切反応しなくなることも。

2回目以降のプレイでは大きく改善されるので、違和感を感じてももう1回プレイしてみましょう。

楽曲はズバズバビューン系が多いんで、控えめに言ってめちゃくちゃ気持ちいいです。

Arcaea
Arcaea
開発元:Anton Prydatko
 
posted with アプリーチ

 

10位:VOEZ

f:id:hkmy:20171103234609j:plain

判定 厳しめ
難易度 難しい
処理 普通
親指プレイ 可能

連続Rayark、最後はVOEZ。このメーカーの音ゲーは「みんな違ってみんな良い」ので、順位は完全に好みでしょう。

 

3タイトルの中で最も複雑なのがVOEZで、ノーツが流れるレーンすらも移動します。

フリック操作でレーンを入れ替えたり、動いているレーンのロングノーツをすべりながら拾ったりと、他に類を見ないゲーム性が特徴。

 

このゲーム性が賛否両論ありまして、目新しさや操作しがいはある反面、直感的な操作が難しくなっています

また、レーンが移動する都合上、タップ判定の横幅が狭く設定されているのも見逃せません。

全体的にストイックなゲームシステムと言えるでしょう。

 

ただ、とにもかくにもめっちゃくちゃオシャレです。そりゃもうアホみたいにオシャレ

雰囲気の良いゲームを探しているなら、VOEZが選択肢から外れることはありません。

VOEZ
VOEZ
 
posted with アプリーチ

 

11位:Tone Sphere

f:id:hkmy:20171103235137j:plain

判定 ゆるめ
難易度 普通
処理 普通
親指プレイ 可能

サークルをタップする系音ゲー、ToneSphere。240円。

視認性の高いUIが特徴で、プレイ感覚としてはミュージックガンガンが一番近いでしょうか。

当然、押忍!闘え!応援団にも似ている感じ。

 

ただただシンプルに「タップして長押ししてなぞるだけ」なのですが、完成度の高いグラフィックが気持ちの良い操作感を演出しています。

まるで宇宙を飛びまわるような感覚の映像でありながら、サークルや判定がとても見やすくなっており「これぞアプリ音ゲー」という作品。

恐らく今回のランキングの中で、最もストアレビューが好評なタイトルでしょう。

 

難しい譜面は少ないので、指をキビキビ動かしたいガチ勢にはすこーし物足りないかも。いや、無いことはないよ。動画見りゃわかるけど。

Tone Sphere
Tone Sphere
開発元:Bit192 Labs
¥240
posted with アプリーチ

 

12位:8beatstory

f:id:hkmy:20171103235802j:plain

判定 ゆるめ
難易度 簡単
処理 重い
親指プレイ 可能

「アイドル」だとか「学園」だとか、ちょっとつつかれると崩れそうな儚さがある8beatstory。

「音の杜学園」って結構ギリギリじゃない?

 

ゲーム内容もなかなかに攻めた感じで、いわばスクフェスとデレステを足して2で割ったようなゲーム。気持ちデレステ寄り。

 

このゲームの凄いところは、ちゃんと2で割り切れているところ。言ってしまえば「良いとこどり」ができちゃってるんですよね。

タップ精度もかなり良質で、フリックノーツのリズム破壊感も薄いし、8Keyにしては非常に遊びやすいゲームにしあがっちゃってる。オマージュ感半端ないのに。

開発に音ゲーちゃんとやってる奴おるな、これ。

 

気持ち処理が重めなので、端末によっては唐突な無反応に襲われることもありますが、通常動作時のタップ反応に支障はありません。

キャラゲーの中では地味におすすめできるゲームです。

 

アイドルコンテンツよろしくライブなんかもやっており、コミカライズによるメディアミックス展開も行っているようで。

インスパイア感を払拭できれば、それなりに人気が出そうなコンテンツなんだけどなぁ。

8 beat Story ~アイドル×音楽ゲーム~
8 beat Story ~アイドル×音楽ゲーム~
開発元:Chronus Inc.
 
posted with アプリーチ

 

13位:太鼓の達人プラス

f:id:hkmy:20171104000806j:plain

判定 厳しい
難易度 普通
処理 普通
親指プレイ 可能

いまやお馴染み太鼓の達人を、そのままアプリゲームに作りかえたものです。

本来のプレイ方法であるバチからタップに変化することで、マイルドな難易度の遊び易い音ゲーになりました。

操作感も悪くなく、タップした分だけちゃんと反応してくれている印象。

 

ユーザーの事を考えたシステムデザインになっており、中でも太鼓の大きさで「両」を設定した際のプレイしやすさは予想以上です。

小さな太鼓が最下部左右に1つずつ出現するので、床置きでも両親指でも指を大きく動かさずにプレイできていい感じ。

PS2やWiiで販売された家庭版と比べても、遜色のない仕上がりになっています。

 

ただ気になるのが、楽曲開放のシステム

課金なのは致し方ありませんが、様々な楽曲をプレイしたいなら、全曲20,000円ほどで買いきるか月額500円支払ってとり放題に加入せざるをえません

デフォルトで開放されている楽曲が少ないため、一切の課金なしでプレイしようとすると、一生さいたま2000を叩き続けることになります。今日のご飯はカツ丼。

家庭版買ったほうが安いまであるかもしれない。

太鼓の達人プラス
太鼓の達人プラス
 
posted with アプリーチ

 

14位:スクストトゥインクルメロディーズ

f:id:hkmy:20171104002200j:plain

判定 厳しめ
難易度 簡単
処理 重い
親指プレイ 可能

いかにもスクフェスなんかのキャラ音ゲーを見て乗り込んできた、スクエニの刺客スクメロ。リセマラに関する記事なんかも書きましたね。

ポチポチ系スマホRPG「スクールガールストライカーズ」のキャラを使った音楽ゲームです。

 

ゲームシステムは、画面へ散乱するノーツをリズムに合わせてタップするというもの。

例えるならば、押忍!闘え!応援団やクロスビーツのようなシステムです。

 

ノーツの視認性も良く、長押しが外れてしまってもコンボが継続するなど、スマホに向けたバランス調整も良好

どれだけ大変なものを出してくるのか、という不安とは裏腹に、ちゃんとリズムゲームになっている作品でした。

 

ただ、どうも動作がもっさりしている点は気になります。

フレームレートが不足しているのかは不明ですが、タップしてから音が鳴るまでの時間にブレがあるんですよね。

オリジナルの音楽もかっこよかったりと、褒めるところはいくらでもあるのですが、如何せん根幹的な部分が少し怪しい。

スクールガールストライカーズ ~トゥインクルメロディーズ~
スクールガールストライカーズ ~トゥインクルメロディーズ~
開発元:SQUARE ENIX INC
 
posted with アプリーチ

 


15位:アイマスミリオンライブ!シアターデイズ

f:id:hkmy:20171104002834j:plain

判定 ゆるゆる
難易度 簡単
処理 普通
親指プレイ 可能

アイマスソシャゲ、音ゲー化シリーズ第二弾。

視認性の高いノーツと、反応に優れた操作感が印象的な正統派リズムゲームです。

 

デレステと比べると、やはり最大の差は6Keyになったこと。

真ん中をどっちの指で取るか!?なんて駆け引きもなくなりますし、当然ちょっとプレイしにくくもなります。

スマホアプリゲーは奇数レーンが良いんだな、と思い知らされる作品。

 

フリックも左右2方向だったのが4方向へと変わり、システム的な難易度上昇が目立ちます。

その代わり、譜面の難易度は大きく低下しており、僕の求めている方向とは真逆の路線へ進みました。

 

楽曲の開放も手間がかかったりと、良く言えばやりこめる、悪く言えばやりこみが必要なゲームになった印象です。

ただ、デレステのリズムを犠牲にした全力フリックが無いのは評価点

床起きプレイであれば完全に運指を固定できるので、音ゲーしてる感はあります。iPad勢におすすめ

アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ
アイドルマスター ミリオンライブ! シアターデイズ
 
posted with アプリーチ

 

16位:アイカツ!フォトonステージ!!

f:id:hkmy:20171104003546j:plain

判定 ゆるゆる
難易度 簡単
処理 軽い
親指プレイ 不可能

アイカツ!がアプリゲーム化するにあたって、何故かjubeatをパクりました。

いや、お前元から音ゲーじゃん。

 

ちなみに、jubeatをパクりながらも、視認性の高いリズムパネルを採用。正直、システムだけで言えばこちらの方が好き

タップの反応が良く、判定もユルいので、jubeatをプレイしていない方にこそオススメできるアプリです。

なんかjubeatができる気になれます。

 

ただ、どうしても女児をターゲットとしているため、譜面の難易度は全体的に低め

jubeat経験者は、逆に物足りなさを感じるはず。

楽曲はアイカツ!の曲を採用しているので、割と良曲揃いです。

アイカツおじさんではないけど、結構好き。

アイカツ!フォトonステージ!!
アイカツ!フォトonステージ!!
 
posted with アプリーチ

 

17位:スクフェス

f:id:hkmy:20171104004040j:plain

判定 普通
難易度 普通
処理 普通
親指プレイ 可能

キャラクター系リズムゲームアプリの火付け役、スクフェス。

リリースしてから早4年、今でも現役の音ゲーです。

 

半円状に配置された9つのレーンを使ったシステムなので、見た目よりも叩きにくいのが難点。

判定タイミング自体は一般的ですが、タップする場所が小さいうえに9つあるため、慣れるまでは直感的な操作が難しいです。

横並びの9ボタンって、ビシバシチャンプを3人分やってるようなもんだし。

 

また、その特性上画面をいっぱいまで使うため、端末によっても評価が大きく変わるゲームでしょう。

iPadだとすげぇ忙しいし。miniでやるのが個人的には丁度いい感じ。

 

基本的には親指でプレイできる譜面となっていますが、アーケード版から逆移植した一部楽曲は厳しい。3つ以上の同時押しがあります。

最近スライドノーツが実装された程度で、良くも悪くも非常にシンプルなゲームシステムなので、ただただノーツを捌きたいという方には結構おすすめ。

 

9月に情報が発表された新作や、アーケード版との連動も可能なので、ソシャゲならではの「アカウントを育てる」感覚も一番デカいです。

ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル(スクフェス)
ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル(スクフェス)
開発元:KLab Inc.
 
posted with アプリーチ

 

18位:グルーヴコースター

f:id:hkmy:20171104004802j:plain

判定 普通
難易度 簡単
処理 普通
親指プレイ 可能

TAITOの音ゲーアプリ、グルーヴコースター。

言ってしまえば「リズムに合わせて画面をタップするだけ」のゲームですが、アーケードゲーム化もしている由緒正しいタイトルです。

 

初代リリースはパズドラより更に前で、アプリゲーム黎明期から長くサービスが続いています。

 

レーンの上を移動しているアバターが、ターゲットに重なった瞬間にタップしたり画面をこすったりするだけでして、操作がとても簡単

リズムゲーム勢には物足りなく感じる一方、とっつきやすさはかなり優れていると思います。視認性がちょっと悪いけど。

 

他にも、見えない隠しノーツである「アドリブ」など、リズムゲームの常識を根底から覆している部分が多め。

ゲーム画面がなかなかにオシャレなので、雰囲気ゲーを求めている方にピッタリ、なはず。たまにやると面白いですよ。

グルーヴコースター 2
グルーヴコースター 2
 
posted with アプリーチ

 

19位:jubeat plus

f:id:hkmy:20171104005442j:plain

判定 ゆるめ
難易度 難しい
処理 軽い
親指プレイ 不可能

アーケードで人気を博したjubeatを、そのままアプリゲームへ移植した作品。

再現度は非常に高く、動作もサクサク。高い完成度を誇ります。

 

この順位に甘んじているのは、単に僕がjubeatのノーツを見切れないからです。独特すぎやん。

 

ただ、アプリゲームとして捉えると、タッチパネルを活かした似たようなゲームが多い上に、それらは携帯端末でのプレイに最適化されているわけで。

そう考えると、音ゲーアプリ勢は他のゲームやるし、jubeat勢はアーケードやるし、ってなことになりがち。

ノーツ形状の都合上、他ゲーのノウハウがほぼ通用しないので、自身の成長を楽しみたいタイプの方はアプリ版から始めても楽しめるはず。

jubeat plus
jubeat plus
開発元:KONAMI
 
posted with アプリーチ

 

20位:CROSS×BEATS

f:id:hkmy:20171104011408j:plain

判定 厳しめ
難易度 普通
処理 普通
親指プレイ 不可能

純カプコン製のリズムアプリゲーム、クロスビーツ。

クロスの名のとおり、飛んできた光の矢が交わった瞬間にタップするゲームです。

 

操作は通常のタップに加え、フリックと長押しの3種類。

言ってしまえば、リズムに合わせて画面の特定位置を叩く「よくあるタイプ」のスマホアプリゲーです。

 

キャラゲーではないアプリでは珍しく、ほぼほぼ完全なスタミナ性を導入しており、楽曲の開放要素もあり。

満足に遊びつくそうと思うと、どうしても課金が必要になる程度のバランスにはなっています。

あまり目新しさは無いですが、根幹的なシステムは良くできていて、起動すると結構遊んじゃうスルメゲー。

 

惜しむらくは、Androidで遊べない点でしょうか。iOS版しかねぇ。

CROSS×BEATS
CROSS×BEATS
開発元:CAPCOM
 
posted with アプリーチ

 

21位:ハチハチ

f:id:hkmy:20171104012051j:plain

判定 ゆるめ
難易度 普通
処理 普通
親指プレイ 不可能

maimaiのパクりであることを隠そうともしない、潔いゲームハチハチ。

名前もどことなく意識してますね。

 

ゲーム内容はぶっちゃけmaimaiなので、特別言うことはありません。

腕が2本しかないという呪縛から開放されて、同時押しが増えた程度でしょう。

ただ、あれってドラム型洗濯機でやるから楽しい気もするんですよね。

僕はスマホやタブレットでやってもあまりしっくりきませんでした。

 

タップに対する反応はよく、楽曲も日本ヴォーカルの可愛らしい曲が収録されているうえ、柔らかく優しい雰囲気も好印象

アプリゲームとしての完成度は決して低くありません。一回触れてみて欲しいゲームではあります。

ハチハチ
ハチハチ
 
posted with アプリーチ

 

22位:ナナリズム

f:id:hkmy:20171104012521j:plain

判定 ゆるめ
難易度 簡単
処理 重い
親指プレイ 可能

パチスロ再現のオンラインゲームを運営する、777townがリリースしているリズムゲーム。元はPCゲームですね。

まさかの横並び8Keyと、スマホユーザーを速攻切り捨てている感の強いストイックなゲームシステムがポイント。

 

特筆すべきはそのタップ判定で、明らかにフレームレートが足りておらず、ビタ押ししないと簡単にズレます。スロットリスペクトかな?

そのため、フルコンは簡単だけどフルパフェが尋常じゃなく難しいゲームに。

そのうえ、譜面のリズム感もちょっとおかしい。

 

とはいえ、楽曲がパチスロに染まっていることもあり、ツインエンジェル楽曲がめちゃくちゃ充実しているので神ゲーです。キュンキュンしようや

ゲームシステムは、まぁ、うん。

 

あ、パチスロの楽曲を利用しているからか、ゲームのプレイにすら20歳未満は保護者の許可が必要です。気を付けましょう。

スケベなゲームでも18歳なのに……。

7RHYTHM‐ナナリズム‐
7RHYTHM‐ナナリズム‐
 
posted with アプリーチ

 

23位:ガールフレンド(♪)

f:id:hkmy:20171104013400j:plain

判定 ゆるめ
難易度 簡単
処理 重い
親指プレイ 可能

スクフェスを参考にして作られた、数多のキャラゲーのうちの1つ。

半円状にノーツを配置するという、別にそこまで見習わなくてもいいんじゃね?なリスペクトゲーです。

 

良くも悪くもゲームシステムはほぼスクフェスで、コンボを繋ぎながらミラーボールを回すとスコアが伸びるおまけつき。

スコアを伸ばすなら、2つの事を同時にやる必要があるタイプのゲームですね。

 

ぶっちゃけ、最も特筆すべきはガルフレならではの豪華な声優陣

TVCMで一世を風靡したクロエ・ルメール(CV.丹下桜)をはじめとしたありがたいボイスの数々や、そのキャラクターが歌う楽曲など、割と耳が幸せな感じです。

ゲーム内容も「悪くない」というだけで十分評価に値する気はする。

ガールフレンド(♪)
ガールフレンド(♪)
 
posted with アプリーチ

 

24位:SHOW BY ROCK!!

f:id:hkmy:20171104013927j:plain

判定 ゆるゆる
難易度 簡単
処理 普通
親指プレイ 可能

まさかのサンリオ製音ゲー、ショウバイロック。

普通にサンリオキャラクターだし、深夜にアニメやってるしで、コンテンツとしての馴染みは深い方が多いはず。

で、そのプロジェクトのスタートとしてリリースされたのが、アプリ版リズムゲームのSB69ですね。

 

とっつきやすさを優先したためか、なんと脅威の3Key音ゲー

とはいえ、リズムゲーマー需要に応えるべく密度高めな譜面も無くはありません

 

キャラクターを入手して育てるタイプのゲームなので、序盤は自身の体力ゲージが少ない事もあり、リズムゲームとしても楽しめるようにはなっています。

ちょっくらノーツが見づらい点は珠に瑕。でっかい丸ノーツが密集してると、ちょっと見分けにくいんですよね。ちょっとだけね。

SHOW BY ROCK!![爽快音ゲー ショウバイロック]
SHOW BY ROCK!!
開発元:geechs inc.
 
posted with アプリーチ

 

25位:MUSYNC

f:id:hkmy:20171104014800j:plain

判定 普通
難易度 難しい
処理 普通
親指プレイ 可能

中国の同人音ゲーMUSYNC。120円。

 

一言で言うなら、フリックがなくなって、横幅が広がったガルパみたいな感じ。画面の挙動はSOUNDVOLTEXだけど。

横幅の広さが思った以上にやりにくさへ直結しちゃって、じゃあガルパでいいかなってなる感情は否定できません。

譜面の難易度が丁度いい感じだからやるんだけどね。

 

ただ、前述の通りフリックノーツが存在しないので、あまりにもフリックが憎い場合はワンチャンあるかも。

楽曲は大抵中国語ですが、ちょいちょいカッコイイピコピコサウンドも入ってます。

 

あ、あとアイコンがめっちゃかわいい。

MUSYNC
MUSYNC
開発元:qiu chi zhang
¥120
posted with アプリーチ

 

26位:歌マクロススマホDeカルチャー

f:id:hkmy:20171104015016j:plain

判定 普通
難易度 簡単
処理 重い
親指プレイ 可能

老舗シリーズ、マクロスがアプリリズムゲームになった作品。

遊びやすい4Keyで、タップ時の判定もかなり良好。システム面に非の打ち所は少ないです。

 

ただ、気になるのが判定の配置。指をおきやすいように外側のレーンを高くしてあるのですが、その結果、同時押しが横並びで降りてきません

これ、思った以上に気持ち悪い。16分乱打も直感的に叩きづらい。

 

また、端末に要求するスペックも高め。ゲームに向いていない端末だと、ガクガクになっちゃうかも。

その重さをまったく意識させないタップ精度は、やはり見事と言うしかないので、高く評価はしちゃう。でもやっぱり、慣れるまで大変。

歌マクロス スマホDeカルチャー
歌マクロス スマホDeカルチャー
開発元:DeNA Co., Ltd.
無料
posted with アプリーチ

27位:beat gather

f:id:hkmy:20171104015814j:plain

判定 ゆるめ
難易度 特殊
処理 重い
親指プレイ 可能

譜面投稿型の音ゲー、beat gather。ビートゥギャザーってこと?

音ゲーのシステムは、非常にベーシカルな上から降ってくる系。コナミ謹製だけあって、わかりやすいUIにはなっています。

 

が、問題はその譜面投稿システム。

 

人気の譜面がランキングとして表示されるのですが、そもそも譜面を探す方法がほぼほぼランキング頼み。

時間をかければ良質な譜面を掘ったりもできるのですが、楽曲プレイよりも調べ物に時間がかかるのはなぁ……と。

こんな考えが蔓延しているので、結局「人気のある楽曲へ一番最初に付いた譜面」ばかりがランキングに入ってしまい、結果として譜面の質が低くなってしまっています。

 

譜面こそが音ゲーの核なる部分だと考えている僕には、あまり合いませんでした。

 

人が作ってもコレなんだから、譜面自動生成の音ゲーなんてもってのほかだろうな、ということで、この類のゲームは未プレイのものが殆どです。

また、どうしても「Youtube」にアップされている動画へ譜面が付きがちなので、動画を再生しながらプレイするハメになりがち。

端末に対する負担も強く、生半可な端末では無反応が頻発するのも気になる点です。

 

とはいえ、投稿型ゲームにおいて「人口の多さ」という重要な点をクリアしているため、楽曲の少なさに嫌気がさした方には手放しでおすすめ。

探せば良譜面があることには変わり無いし。

beat gather 動画×音楽×音ゲー
beat gather 動画×音楽×音ゲー
開発元:KONAMI
無料
posted with アプリーチ

 

28位:うたプリShiningLive

f:id:hkmy:20171104020628j:plain

判定 普通
難易度 普通
処理 普通
親指プレイ 可能

スクフェスと同じ開発が作った結果、スクフェスとほぼ同じゲームになっちゃったうたプリの音ゲー。6レーンになりました。

あ、運営会社は当然違います。向こうはブシモで、シャニライはブロッコリーですね。

 

スクフェスと比べて運営会社が小さく、背景画像などのシステム的な画像にお金をかけられなかったのか、スクフェスよりは安っぽいデザインに。

とはいえ、安っぽいからこそ見やすかったりはします。

ただ、6レーンまで減るといよいよ「別に横に並べてもよくね?」という感情を抑えきれないのは事実。

 

言うてキャラゲーなので、そのコンテンツに思い入れがあれば1位にもなり得るゲームです。

開発がスクフェスと同様、ということで、リズムゲームとしての質は一定以上ありますし。

うたのプリンスさまっ Shining Live
うたのプリンスさまっ Shining Live
開発元:KLab Inc.
無料
posted with アプリーチ

 

29位:osu!stream

f:id:hkmy:20171104021205j:plain

判定 普通
難易度 簡単
処理 重い
親指プレイ 不可能

押忍!闘え!応援団というゲームのエミュレーターであるosu!を、そのままアプリゲームに落とし込んだもの。

よくAppstoreの審査通ったな、これ。

 

残念な事にタップが反応しないことも多く、やはり楽曲は用意されたものだけなうえ、どうしても有料に。

これするならPC版のosuのが良くね?……と言いたい所なのですが、向こうは楽曲ファイルを譜面と同時にDLする都合上、違法DLになっちゃうんですよねぇ。

好きだったんだけど……ということで一度触ってみましたが、残念ながら再現性は褒められたものではない感じ。無反応が頻発します。

 

ちなみに、ゲーム内容としては、応援団そのままの「サークルをタップする」だけのゲーム。アプリ版は長押しもあるぞ。

これ、なかなかどうして奥が深くて、コンボ時の気持ち良さも落ちてくる系音ゲーと戦えるレベルなんですよね。

上手く動作する端末をお持ちの方は、良くできたゲームの一つなので是非。

iOSにしか対応してないけど。

osu!stream
osu!stream
開発元:ppy
無料
posted with アプリーチ

 

30位:アイマスSideM LIVE ON ST@GE!

f:id:hkmy:20171104021628j:plain

判定 ゆるゆる
難易度 簡単
処理 重い
親指プレイ 可能

アイマスソシャゲの音ゲーアプリシリーズ、Mステ。

 

デレステやミリシタのような「キャラ要素のある音ゲー」とは違い、「リズム要素のあるキャラゲー」なので、ぶっちゃけ音ゲーとしては褒めづらい感じ。

リズムゲームパートは、判定を表す輪にノーツが重なったら画面をタップする、という単純なもので、「ドン」「カッ」の無い太鼓の達人に近いです。

 

操作要素が少ない割に内部で色々処理しているらしく、動作はちょっと重め。

音ゲーでありながら、リズムパートがメインになっていないのはMステくらいかな、ということで、希少性からのランクインです。

アイドルマスター SideM  LIVE ON ST@GE!
アイドルマスター SideM LIVE ON ST@GE!
 
posted with アプリーチ

 

表に記載してある情報について

ゲームタイトル毎に記載してある

  • 判定
  • 難易度
  • 処理
  • 親指プレイ

については、体感からくる独断によるものなので、あくまで参考程度にとどめいておいていただけると幸いです。

 

判定

判定の厳しさについて記載しています。

出来の良さについてではなく、正常に動作した際にどれだけ余裕があるかなので、「ゆるゆる」とあっても光らなかったり、その逆もまたあったりします。

 

難易度

譜面の難易度について記載しています。

ゲームシステムに関するものではないため「簡単」とあっても視認が難しかったり、「難しい」とあっても初見で気持ち良く叩けたりはします。

基本的に、難易度選択で最も高いモノをプレイする前提なので、どのゲームも簡単な譜面はある、はず。

 

処理

端末にかかっているであろう処理負担について記載しています。

この処理が、断続的にタップ判定へ影響するのか、それとも唐突にアプリ終了という形で現れるのかはアプリ次第です。

そのため、「重い」とあってもプレイに支障は無いこともあるやもしれません。その場合は定期的に落ちるけど。

 

親指プレイ

両手で持って、親指でのプレイが可能かどうかを記載しています。

3つ同時押しなどの他、左手で画面右下をタップしながら、右手で画面左上をタップするような譜面が多いゲームも不可能としています。

ただ、その気になれば3つの同時押しを2本の指でできない事はないので、理論的には全部可能です。

 

好みで選んでいただければ

以上、音ゲーマーが選ぶ、おすすめのリズムゲームアプリランキングでした。

 

リズムゲームって、他のゲームと比べて「好み」に依存する面が大きいと思うので、様々なゲームを網羅!……したら15,000文字超えちゃったよね。

ガチガチに遊びたい方へ向けたランキングなので、そこまで順位に縛られず、面白そうな作品を探す一覧程度に考えていただければ幸いです。 

 

リズムゲーム上達のコツ!あるあるな実例を交えて紹介

アプリゲームの記事一覧

リズムゲームの記事一覧

社会の狭間でニートを叫ぶ