読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会の狭間でニートを叫ぶ

最終学歴中卒、高等学校を2回中退。ゲーム暦20年、ニート暦4年。美しすぎる経歴のナウなヤングが送る雑記。

知らずに赤っ恥!?「…(三点リーダ)」の正しい使い方

f:id:hkmy:20170326022425j:plain

どうも、表記ブレが何かと気になるお年頃、hkmです。

 

さて、沈黙の表現として、莫大なシェアを誇る「…」。

何かと使う機会が多いものの、義務教育では、何故か使い方を教えてくれません。

その結果どうなるか、っつーと、まあ誤用が増えるんですよね。

 

別に日本語を教えられるほどの教養はありませんが、気付いたことは記事にしておくスタイル。

 

投げっぱなしじゃあ!

「…(三点リーダ)」とは

そもそも、「…」とはなんなのか。

 

実はコレ、単体で見ると、別に沈黙を表す文字ではないんですよね。

 

JIS規格では「三点リーダ」というのですが、この「リーダ」というのがポイント。

lead(導く)-er(者)ということで、正体は「つなぎ符号」と呼ばれるものなんです。

 

ほら、小学生の割り算でも、あまりを表すのに使ったでしょ。これ。

前にある文章と、後ろにある文章を繋げる為の、いわば「てにをは」、格助詞に近いものです。

 

ちなみに、「‥」こういう「二点リーダ」もあります。

 

誤読しかねない「…」

で、そうなると、「…」1つでは意味を誤解しかねない。

沈黙のつもりで使っていても、別に沈黙を表していないわけですからね。

 

ってことで、コレを沈黙として使う場合は「……」として、2つ繋げる!のが一般的になりました。

 

のに!

世間では「…」を沈黙として使っている場面を良く見ます。

 

ま、あくまで「一般的」の範疇で、文章というのはアート的側面も持ち合わせているので、作者が正しい!と押し通せば「…」も正しくなるんですけどね!

信念さえあれば。

 

……まあ「…」単体はいいんだ。twitterとかは140字制限あるし。

 

個人的に一番気になるのは「・・・」これ。

 

誰も得してない「・・・」

沈黙に「・・・」。

 

「・」を3つ使用して、三点リーダの代用としているパターンですね。

この「・」、中黒(なかぐろ)って言うんですけど。

 

「、」よりは前後の結びが強い区切り、として使うもので、沈黙には関係無いんですよね。

 

「、」文の中で、ことばの切れ続きを明らかにしないと、誤解される恐れのあるところに用いる。
「・」名詞の並列の場合に用いる。
日付や時刻を略して表す場合に用いる(昭和二十五・七・一など)。称号を略して表す場合に用いる(N・H・Kなど)。ただし名詞以外の語句を列挙するとき、数詞を列挙する場合は「・」を用いない。

読点「、」と文の中点「・」の使い分けは?|日本語・日本語教師|アルク

つまり、文字の意味を見れば、

  • 前後を結びつける「…」
  • 前後を区切る「・」

 

間逆やん。

というかそもそも、「・・・」ってちょっと読みにくいやん。

 

ちなみになかぐろ、縦書きで小数点が必要な時も使うらしいですよ。

そういえば、新聞で見た記憶があるような?

 

こだわりが無ければ「……」で

 

ということで、沈黙を表す場合は「……」って表記するよ!っていうお話でした。

 

「別に「・・・」でも「…」でもいいわ、大事なのは文章の中身だろw」

なる意見も散見されますし、そのとおりではあると思います。

 

ただ、同じ文章なら、やはり「……」が一番心象に優れているのも事実。

プラスになる、というよりは、マイナスにならない、といったイメージです。

 

せっかくなら損しない用法で使用してみてはどうでせうか。

なーんて。

社会の狭間でニートを叫ぶ