読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会の狭間でニートを叫ぶ

最終学歴中卒、高等学校を2回中退。ゲーム暦20年、ニート暦4年。美しすぎる経歴のナウなヤングが送る雑記。

終わらない「Windows 更新プログラムの構成に失敗しました」原因と対処法【Windows7】

f:id:hkmy:20170305132343p:plain

どうも、おニューパソコンで快適ブラウジング、hkmです。

おニューっつっても全体的に5年くらい前のスペックですけど。

hatejob.hateblo.jp

さて、先日、ニューパソコンちゃんがWindowsアップデートを初体験したんです。

デフォルトだと、03:00に設定されている自動更新ですね。

インストールを見守って、パソコンの電源をオフ。就寝。

次の日、意気揚々とパソコンを起動すると、まあ、更新をインストールしている旨が表示されます。

「あー、長そうだけどなー、しゃーないか……」

なんて思いながら、遅い朝ごはんの準備をしていると……。

Windows 更新プログラムの構成に失敗しました

変更を元に戻しています

の文字。

f:id:hkmy:20170305132343p:plain

▲心臓に悪い系のエラー

しかも、このエラーがマジで長い

終わらない終わる気しないんです。

こりゃ何かと問題やな、ということで、調べてみました。

原因「分割しないで更新」

エラーの文言でググると、最上位にはMicrosoftのサポートページが表示されます。

ですが、これ、大事なことが1つ書いてありません。

結論から言うと、エラーの原因として多いのは

大量の更新プログラムを一度にインストールしようとした

というものです。

特にOSのクリーンインストール後、何も設定せずに自動更新を迎えると発生しやすいようです。

更新プログラムを全てインストールしようとするわけですからね。

ちなみに、Microsoftのサポートを見てみると、

  1. コンピューターを再起動する (Windows 8 のみ)
  2. リムーバブル メディアをコンピューターから取り外す (Windows 8、Windows 7、および Windows Vista)
  3. Windows Update トラブルシューティング ツールを実行する (Windows 8、Windows 7、およびWindows Vista)。
  4. Windows 更新プログラムをクリーン ブート状態でインストールする (Windows 8、Windows 7、および Windows Vista)
  5. システムの復元を実行する (Windows 8、Windows 7、および Windows Vista)
  6. インプレース アップグレードを実行する (再インストール) (Windows 7 および Windows Vista)

との表記で、なんとも大雑把。

めっちゃ時間かかりそうで、後回しにしたい項目ばっかりなんですよね。

対処法

で、あんまりなので調べました。

その結果わかった、エラーが発生した時の対処法をさくっと。

サポートページに記載されておらず、かつ効果のあるものです。

終わらせるには、2つ

とりあえず

Windows 更新プログラムの構成に失敗しました 変更を元に戻しています

の画面から脱出しなければ、対処もクソもありません。

f:id:hkmy:20170305132343p:plain

▲エンドレスセブン

ここからの脱出には、大きく分けて2つの(原始的な)手段があります。

めっちゃ待つ

原始的手段その1。

左の輪がくるくるしてたり、元に戻していますの後ろにある「.」が動いている間は、本当に変更を元に戻しています

何もおきていないようで、めっちゃ待つと何も無かったかのように「ようこそ」画面に突入します。

僕の環境(クリーンインストール後、ドライバ実装、初の更新プログラム)では30分程度。

人によっては、4時間待っている方もいらっしゃいました。

強制終了

正直4時間も待てないし、なんなら本気でフリーズしている場合もあります。

その場合は致し方ないので、強制的にシャットダウンさせるしかありません。

システムの書き換えを無理やり終了させるので、最悪の場合はOSからインストールしなおす事になる点は注意。

強制終了の方法としては、

  • 電源ボタン長押し
  • コンセントぶっこぬき

ってところですかね。

正直両方やりたくないやつです。

システムが十中八九ぐちゃぐちゃになっているので、システムの復元も忘れないようにしたいですね。

Windows 7ではトラブルが発生した場合、復元ポイントを使用して、システムファイルをトラブル発生前の状態に戻すことができます。この戻す方法を「システムの復元」と言います。

121ware.com > サービス&サポート > Q&A > Q&A番号 011250

やり方は結構簡単で、

  1. スタートボタン(左下のWindowsボタン)をクリック
  2. 「すべてのプログラム」を表示
  3. 「アクセサリ」の中にある、「システム ツール」を開く
  4. 「システムの復元」というアプリケーションを起動

f:id:hkmy:20170305135357j:plain

▲コイツをポチィ

そうするとこんな画面が出るので、「次へ」をクリック。

f:id:hkmy:20170305135512j:plain

あとは一覧から、「日付と時刻」が前回更新をインストールする前に該当するものを選択して「次へ」、「完了」。

古い状態へシステムを戻せるので、何かをインストールしてから調子が悪くなった、という場合にも使えます。

再発防止

とりあえず、なんとかデスクトップまで戻ってこれた。

ただ、根本から解決しないことには、毎起動コレです。

1回起動する毎に30分じゃ、SSDも何もあったもんじゃない。

まずは自動更新をオフ

自動更新により、1度に大量の更新が振ってきた事こそ元凶です。

基本的にはオンにしておいたほうが良いのですが、

Windows 更新プログラムの構成に失敗しました

が終わらないような状況になってしまったら、1度オフにしておくべきでしょう。

  1. スタートボタン(左下のWindowsロゴ)をクリック
  2. 「すべてのプログラム」から、「Windows Update」を起動

    f:id:hkmy:20170305141324j:plain

  3. 左部メニューより、「設定の変更」を選択

    f:id:hkmy:20170305141439j:plain

  4. 「重要な更新プログラム」項で、「更新プログラムを自動的にインストールする(推奨)」以外を選択

    f:id:hkmy:20170305141452j:plain

これで、WindowsUpdateの自動更新をオフにできました。

ちなみに、僕は

「更新プログラムを確認するが、ダウンロードとインストールを行うかどうかは選択する」

に設定。

いかにも日本人って感じの優柔不断さが良いですね。

 分割して更新をインストール

さて、自動更新をオフにしたら、今ある更新プログラムを導入していきましょう。

この時まとめてインストールしてしまうと、また例の

Windows 更新プログラムの構成に失敗しました」エラーが発生します。

WindowsUpdate画面より、「○個の重要な更新プログラム が利用可能です」をクリックすれば、選択してインストールすることが可能です。

f:id:hkmy:20170305143216j:plain

▲更新プログラムのアピールをクリックすると

f:id:hkmy:20170305143406j:plain

▲個別にインストールできる画面が開きます

手間はかかりますが、30個ずつインストールするとエラーを吐きませんでした。

f:id:hkmy:20170305152524j:plain

▲サクサクおわる

複数回のシステムへの更新、そして再起動が絡むので、少なくともパソコンをWin7で運用するつもりであれば、SSD実装はもはや必須な気もした今日この頃。

更新プログラムの構成含めて、起動まで1~2分で終わりますからね。SSD。

HDDで毎回10分かかってイラってた記憶が蘇ってきた。

社会の狭間でニートを叫ぶ