社会の狭間でニートを叫ぶ

最終学歴中卒、高等学校を2回中退。ゲーム暦20年、ニート暦4年。美しすぎる経歴のナウなヤングが送る雑記。

【アズールレーン】おすすめ装備と砲弾の意味まとめ【アズレン】

f:id:hkmy:20171014174926j:plain

アズールレーンの主砲装備。

「威力」や「火力」なんかはまだしも、「弾薬」なるブラックボックスは説明がありません。

 

ただ、実はこの弾薬、火力を出すにあたっては避けて通れないステータスの1つなんです。

今回は、最大で3倍ものダメージ差を作り出す「弾薬」、通称砲弾についてまとめてみました。

弾薬の種類とは

f:id:hkmy:20171109002210j:plain

弾薬とは、砲塔装備毎に設定されているステータスの1つです。

  • 榴弾
  • 徹甲弾
  • 通常弾

の3種類からなり、弾の効果が変化するほか、与えるダメージに最大で3倍もの影響を与えます。

ゲーム内では、弾薬の他に「砲弾」や「艦砲タイプ」などとも呼称されます。

 

装甲別ダメージ倍率一覧

艦種 弾種 対軽装甲 対中装甲 対重装甲
駆逐砲 通常弾 100% 50% 20%
徹甲弾 90% 70% 40%
榴弾 120% 60% 60%
軽巡砲 通常弾 100% 75% 40%
徹甲弾 100% 80% 60%
榴弾 145% 105% 70%
重巡砲 徹甲弾 75% 110% 75%
榴弾 135% 95% 70%
戦艦砲 通常弾 70% 100% 90%
徹甲弾 30% 100% 110%
榴弾 140% 110% 90%
魚雷 80% 100% 130%
艦種 弾種 対軽装甲 対中装甲 対重装甲

アズールレーン攻略 Wikiより引用

 

榴弾は駆逐艦に強い

種類/装甲 対軽装甲 対中装甲 対重装甲
駆逐砲 120% 60% 60%
軽巡砲 145% 105% 70%
重巡砲 135% 95% 70%
戦艦砲 140% 110% 90%

アズールレーン攻略 Wikiより引用

 

敵艦船を炎上させることに特化した砲弾。弾丸は赤。

一定確率で、スリップダメージを与え続ける「炎上」状態を付与するほか、駆逐艦など「軽装甲」ステータスを持つ敵に対して大きなダメージ特効を持ちます。

 

反面、「中装甲」「重装甲」といった固い敵にはダメージ効率が悪く設定されがち。

特に、何故か「中装甲」相手には徹甲弾から大きく差を付けられます。

 

また、ベルファストや愛宕のような、弾薬に応じたバフスキルが多く存在しているのも特徴です。

逆に、バフスキルを持たない艦船だと「ダメージを与えたい敵にこそ軽減される」事が多く、数値よりは使いにくい印象を受けるかもしれません。

 

例外として、軽巡洋艦が使った場合に限り、全ての装甲に対して徹甲弾よりも高いダメージ効率を誇ります。

 

ちなみに、火力値が低い駆逐艦であれば、炎上が主なダメージソースともなりえるので第一選択肢に。

その場合、全段発射のために攻撃速度を取るか、主砲ダメージのために榴弾を取るかは艦船によるでしょう。

 

榴弾の代表的なおすすめ装備

127mm単装砲(駆逐)

f:id:hkmy:20171026021658j:plain

127mm単装砲は、駆逐艦における「最強」とされる主砲。

25もの火力上昇量や、高いダメージ、多い同時発射数と、非の打ち所が無い装備といえます。

 

画像の通り、レア度の低い127mm単装砲は通常弾である点に注意。

★2~3が通常弾、★4のみ榴弾となるため、T3装備が無いのであれば無理して使う必要はありません。

 

また、同盟の絵柄違い砲も存在していますが、そちらはとても弱いので、強化する際はアイコンをしっかり確認しましょう。

 

155mm三連装砲(軽巡)

f:id:hkmy:20171026021740j:plain

155mm三連装砲は、軽巡における最強の榴弾砲。

軽巡洋艦は、榴弾が実質的に徹甲弾の上位互換なので、自ずと大抵の装備の上位互換となります。

 

弾と弾の間にスキマがあるせいで、単体に対するダメージ効率がカタログスペックほどではないのがタマにキズ。

 

こちらも★3が通常弾、★4~5が榴弾となるため、強化の際にはレアリティをしっかり確認しましょう。

 

203mm連装砲(重巡)

f:id:hkmy:20171026021822j:plain

203mm連装砲は、重巡におけるスタンダードな榴弾砲。

とはいえ、重巡洋艦は徹甲弾に強力な主砲が存在しているので、実質的に愛宕専用の装備となります。

 

愛宕は、榴弾による炎上確率と炎上ダメージを共に上昇させるスキルを持った特殊な重巡洋艦。

203mm連装砲を装備することで、重巡洋艦でありながら、駆逐艦へも有効打を与えられる艦船となります。

……が、ちょっと器用貧乏なイメージは拭えません。

 

こちらは★2のみ通常弾で、★3~4が榴弾となります。

127mm単装砲同様、同名の装備が存在しているので要注意。

 

徹甲弾は戦艦に強い

種類/装甲 対軽装甲 対中装甲 対重装甲
駆逐砲 90% 70% 40%
軽巡砲 100% 80% 60%
重巡砲 75% 110% 75%
戦艦砲 30% 100% 110%

アズールレーン攻略 Wikiより引用

 

敵艦船を貫通することに特化した砲弾。弾丸は青。

貫通の名のとおり、この砲弾を持つ砲塔から発射された弾は、敵艦船に当たってもなお貫通し、広範囲の敵にダメージを与えます。

 

「重装甲」を持つ敵に対してもダメージが軽減されにくい反面、「軽装甲」の敵に対してダメージが軽減されるペナルティも。

とはいえ、軽装甲の艦船は耐久値に難がある場合も多いので、重大な問題にはなりくいです。

 

硬い敵へ大きなダメージを与えることから、主砲をメイン火力とする重巡洋艦によくオススメされる砲弾です。

 ただ、3種の砲弾の中でも、最も攻撃速度が遅く設定される弾種であるため、全段発射を生業とする艦船では相対的に評価が落ちます。

 

徹甲弾の代表的なおすすめ装備

150mmTbtsKC/36連装砲(軽巡) 

f:id:hkmy:20171026021859j:plain

150mmTbtsKC/36連装砲T3は、軽巡洋艦にオススメな徹甲弾砲。36連装ではないのであしからず。

ただでさえダメージ効率に劣る徹甲弾でありながら、カタログスペックもぱっと見大した事がないのですが、注目すべきはその弾道。

 

4発の砲弾が、しっかりと敵の中心を狙って飛んでいくため、155mm三連装砲と比べて弾が多く命中し、結果として高いダメージを叩きだします。

徹甲弾であるため、貫通して後ろの敵を攻撃できるのも嬉しいポイント。

 

ただ、素直に敵を狙いすぎるので、動き回る駆逐艦や自爆ボートには避けられやすい欠点があります。

軽巡洋艦の基本装備。

 

レア度を問わず徹甲弾です。

 

203mmSKC連装砲(重巡)

f:id:hkmy:20171026021910j:plain

203mmSKC連装砲は、重巡洋艦における現状最強の主砲。

というか、重巡洋艦が強い理由の1つに「203mmSKC連装砲がある」と言っても過言ではありません。

 

高い火力上昇量と、トップクラスのダメージ倍率でありながら、何故か6発の砲弾を敵の中央向けて発射します。

同時発射数6発は、全武器トップタイなので、そのダメージ効率は随一。

同時発射数の多い武器は、散弾のような弾道を描く武器が多い中で、203mmSKC連装砲はまっすぐ飛びます。

 

再装填が遅い、という欠点はあるものの、それを補って余りある火力効率は、他重巡砲の追従を許しません。

重巡洋艦の中で唯一の★5装備ですが、レアリティを1つ落とした★4(T2)でも十二分に強力な装備です。

 

こちらもやはり、レア度に関わらず徹甲弾。

 

通常弾は器用貧乏

種類/装甲 対軽装甲 対中装甲 対重装甲
駆逐砲 100% 50% 20%
軽巡砲 100% 75% 40%
重巡砲 - - -
戦艦砲 70% 100% 90%

アズールレーン攻略 Wikiより引用

 

とにかく素直な砲弾。弾丸は黄色。

まさに通常の名が体を現しており、良くも悪くも通常の性能を誇ります。


結果、「重装甲」にはめちゃくちゃ軽減されるくせに、「軽装甲」へのダメージ特効も乏しく、挙句の果てには特殊効果の無いハズレ弾となりがち。

駆逐艦に至っては、重装甲の相手に20%しかダメージが出ない始末です。

 

ただ、その分射撃速度に秀でているものも多く、全段発射が強力であったり、スキルの発動に主砲攻撃が必要な艦船では主力装備となり得ます。

 

代表的なところでは、

  • エルドリッジ(全弾発射がぶっ壊れ範囲の徹甲弾)
  • 夕立(主砲攻撃時、確率で能力超大幅上昇)

など。

 

特にエルドリッジは、攻撃速度最速の「76mm砲T3」を装備すると、5~6秒に1回程度の頻度で画面全体を攻撃し始めるのでオススメ。

殲滅力が高く、無敵スキルもあることから、駆逐艦ながらオートバトルでも強力な艦船に化けます。

戦果交換はエルドリッジがおすすめ

 

通常弾の代表的なおすすめ装備

76mm砲(駆逐)

f:id:hkmy:20171026021941j:plain

76mm砲は、ただただ再装填が速いだけの主砲。

攻撃速度1位~3位を、76mm砲のT1~T3が独占しています。

 

その攻撃速度は圧巻の一言で、T3であれば無強化でも0.76秒/回、+10まで強化すると0.67秒/回で主砲を連射します。

 

主要な使い方は、主に

  • 全弾射撃を連射
  • スキル連発

など。

 

先述の3凸エルドリッジであれば、主砲6発毎に全弾射撃を放つため、1度の全弾発射に5秒もかかりません。

エルドリッジの全弾発射は、「画面全体に徹甲弾を50発くらい放つ」ものなので、その殲滅力は圧巻の一言。

 

ただ、やはり主砲自体のダメージ効率はお察しもお察しなので、普通の駆逐艦に装備するのはやめましょう。

 

一応、レア度が★1~3なので、強化に必要な装備パーツが少ないのは優れた点でしょうか。

 

レア度によって弾タイプが変化することも

おすすめ装備でも言及しましたが、レア度に応じて弾タイプが変化する場合もあります。

例えば、軽巡洋艦の主砲「152mm三連装砲」は、T3(★4)だと榴弾ですが、T1(★2)だと通常弾になってしまい、控えめに言ってクソザコ装備となります。

f:id:hkmy:20171026003729j:plain

世にはびこる「装備の評価」は、最大レア度である「T3」のステータスに対するものが多い点に注意しましょう。

 

魚雷は敵が硬いほど強力

種類/装甲 対軽装甲 対中装甲 対重装甲
魚雷 80% 100% 130%

アズールレーン攻略 Wikiより引用

 

ちなみに、魚雷については3弾タイプのどれにも属さず、敵の装甲が硬いほどダメージを与える特殊な仕様となっています。

通常マップではボスに対して強力な反面、主力艦隊の位置が遠い演習などでは、真価を発揮しにくい性能です。

 

この仕様を活かし、ウィチタなどの「耐久値はあるけど軽装甲」の艦を使うと、デイリーミッションの魚雷避けが少し楽になります。

どうせ避けなきゃいけないし、少しだけね。

 

全弾発射にも弾タイプが存在

また、艦船が限界突破で習得する「全弾発射」も、3種類の弾薬にわかれています。

基本的には通常弾の艦船が多いのですが、一部の艦船は貫通弾や榴弾を発射。

 

例えばエルドリッジは徹甲弾ですし、夕立は榴弾です。

 

ただ、全弾発射は例外的措置として、ダメージ倍率が固有のものとなっています。

そのため、

  • 徹甲弾だから戦艦に強い!
  • 榴弾だから駆逐艦に強い!

と、単純には行きません。

 

一応、中国のwikiにダメージ倍率一覧のページはありますが、画像ファイルで作られたページなのでブラウザの翻訳でも翻訳できず。判らなくもない、程度。

中国wiki内の全弾発射一覧ページ(中国語)

 

全弾発射が榴弾の艦船一覧

ラフィー 夕立
睦月級 神風級
神風 綾波
青葉級 古鷹級
ノーザンプトン級 ポートランド級
アドミラル・ヒッパー級 ロンドン級
ウィチタ ロンドン級
妙高級

中国版アズレンwikiより引用

 

全弾発射が徹甲弾の艦船一覧

ジャベリン Z23
Z46(未実装) エルドリッジ

中国版アズレンwikiより引用

 

前衛艦における主砲装備の弾道一覧

最後にはなりますが、主砲装備の弾道については、偉い人がつぶやいたこちらのツイートが参考になります。

 

アズールレーンに限った話ではありませんが、企業運営の攻略サイトより、有志のwikiやTwitterの方がタメになる情報多いよなぁ。なんて思ったり。

 

参考になる攻略サイト5選
アズールレーンの記事一覧

社会の狭間でニートを叫ぶ