社会の狭間でニートを叫ぶ

最終学歴中卒、高等学校を2回中退。ゲーム暦20年、ニート暦4年。美しすぎる経歴のナウなヤングが送る雑記。

【UNDERTALE】伝説的RPGの日本語版がついに発売!22日にはPC版もリリース

f:id:hkmy:20170821220141j:plain

どうも、インディーズゲーム大好き、hkmです。

 

ついに。

満を持して。

あの伝説とも言えるゲーム、「UNDERTALE」の日本語版が発売されました。

 

2年間ネタバレを回避し続けるのは大変だった。

マジで2年待ったよ。

あのUNDERTALEが日本語化

UNDERTALE。

洋ゲー、しかもインディーズでありながら、知る人ぞ知るというのも申し訳ないレベルで周知されているRPG。

 

アメリカで発売されたUNDERTALEは英語でありながら、日本人のPCゲーマー界隈にも深く浸透。

当然のように非公式の日本語化パッチも作られました。

 

メタスコアは勿論90点超え、プレイした人たちは口をそろえて『神ゲー』。

 

「RPGと言えばUNDERTALE」、そんな伝説的RPGの公式日本語版が、ついに発売されました。

 

まさに「オリジナル」なRPG

UNDERTALEのすごいところは、「オリジナル」でありながら「傑作」であるところ。

 

ゲームにおいて、完全なオリジナルというのは難しいものです。

 

そこそこ個性のあるゲームが出来て、意欲有るクリエイターがいいところをパクって。

そんな積み重ねで完成したのが「ゲームジャンル」という枠組みである以上、企業が開発、流通させるゲームは良くも悪くも没個性。

 

そのゲーム、どんなゲーム?と聞かれたら、「アレとアレを混ぜたゲーム」「アレをファンタジーにしたゲーム」などという応えになりがち。

が、UNDERTALEはそうはいきません。

 

どんなゲーム?UNDERTALE。

 

戦わなくても良い

まずは『戦わなくても』良いストーリー。

 

戦ってもいいし、戦わなくてもいい。

 

こういわれて真っ先に思い浮かぶのはオープンワールド系のTESシリーズやGTAシリーズ。

とはいえ、TESもGTAも敵の親玉を倒さねばエンディングにたどり着けないわけで。

 

普通、戦わなくても良いゲームって、むしろ「戦わせないように」作られると思うんですよ。戦わないところを見てくれ!って。

 

でも、UNDERTALEは戦ってもいいし、戦わなくてもいい。

 

純粋に「どちらでも良い」ゲームはなかなかないかな、と。

どちらを選択しても、しっかりとゲームが練られているんですね。

 

独特な戦闘システム

戦闘システムも特筆すべきポイントでしょう。

 

シューティングのような、そうでもないような。

例えられてはいる以上、戦闘システムは完全なオリジナルとも言えませんが、それでも革新的なもの。

 

UNDERTALEみたいな戦闘システムのゲームって、他に何かある?と聞かれれば、「ない」と答えざるをえません。

 

こういった驚きも含めての高スコアなので、詳細は伏せる方向で。

 

上質な音楽

もう一つ、忘れちゃあかんのがハイクオリティなBGM。

 

どれも珠玉なものばかりですが、中でも凶悪なパンチと人気を誇るのはMEGALOVANIAでしょう。

 

作者でもなんでもない奴がyoutubeにアップロードした動画は3,000万再生を超え、文字通り「桁違い」な音楽であることが伺えます。

 

めっちゃ頭に残るんですよね、この曲。

気付くと頭のなかでデデデッデしてる。

 

PC版のリリースは22日

さて、そんな世界的RPGであるUNDERTALE。

日本では、去る8月16日、一足先にPS4/PSVita版が発売されました。

 

が、PCで出たゲームだし、やっぱりPCでやりたい。

そもそもPS4持ってない。

 

そんなあなたに向けたPC版は、8月22日の発売を予定しているそうです。

……って、もう発売されてない?Steamのインターフェース欄に「日本語」の文字あるんだけど。

 

とりあえず買っとこ。

f:id:hkmy:20170821220034j:plain

Undertale on Steam

 

⇒ Steam版UNDERTALEを日本語でプレイする方法

社会の狭間でニートを叫ぶ