読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社会の狭間でニートを叫ぶ

最終学歴中卒、高等学校を2回中退。ゲーム暦20年、ニート暦4年。美しすぎる経歴のナウなヤングが送る雑記。

アフィリエイトを始めるのに190,456円かかりそうな話

おいしい話日記、アフィリエイト編。

どうも、hkmです。

 

先日、アフィリエイトについて、とっつきやすいところから始めることを決めました。

アフィリエイト初心者には商標キーワードがおすすめらしい

 

今回は、その「とっつきやすいアフィリエイト」を始めるにあたって、資金がいくら必要なのか、を考えたいと思います。

チェックポイントを考える

「どんな作業をこなすか」を考えれば、おのずと必要なものが見えてくるはず。

そのためには、キリのいい場所、つまり「チェックポイント」のような物を、具体的に考える必要があります。

 

  1. キリのいいところまで進める
  2. 様子を見る
  3. 結果から改善する

という手順を、反復することになるはずですし。

 

で、僕が今考えている「キリのいいところ」は、

「サイトを10個ほどつくり、そこに5本くらいずつリンクを入れる」

といったところ。

 

何も始まってない以上、まずは情報や経験が欲しいので、小さめのサイトを量産したいと考えています。

 

具体的には、

「トップ兼商品紹介ページ + コラム、体験談10記事」

の11記事構成ってところでしょうか。

 

必要な物を考える

11記事規模のサイトを10サイト制作し、そこにリンクを5本ずつ入れる。

この具体的な数字があれば、自ずと必要な物が見えてきます。

 

メインサイト

まずは、11記事規模のサイト。

とりあえず、サイトを設置するためのサーバーが必要です。

そして、サイトに紐付けするためのドメインも必要となるでしょう。

 

小規模のサイトを10サイト程度であれば、サーバーは1つ。

ドメインは、サイト毎に用意した方が都合が良さそうですね。

 

また、記事に関しても、外注での購入を考えています。

記事内容としては、カテゴリーにマッチした、コラムのような記事で、500~1,000文字くらいのものでしょうか。

こちらを10記事 x 10サイトで100記事ほど。

 

さらに、ワードプレスでの運用となると、デザインテーマも必要となるでしょう。

 

ということで、まずは

  • サーバー1基
  • ドメイン10個
  • 記事100件
  • デザインテーマ

が必要です。

 

サテライトサイト

そして、メインのサイトへリンクを送る、「サテライトサイト」と呼ばれるもの。

10サイトに5本ずつリンクを入れたいので、必要なリンクは50本。

1サイトから貼るリンクを3本まで、とすると、17サイトが必要になります。

 

まず、同じIPからリンクを飛ばすのは気持ち悪いため、サーバーを17基契約する必要があります。

これは、「ipアドレス分散」などと謳っているレンタルサーバーがあるため、そちらを利用する予定です。

 

また、当然ながら、ドメインも17個用意する必要があります。

「評価されているサイトからのリンク」は、しょーもないサイトからのリンクと比べて価値が高くなるため、こちらの17ドメインに関しては、健全に運用されていた中古のドメインですと、効果が高いでしょう。

 

そして、リンクを貼るための記事も必要となります。

リンクを貼るための50記事に加えて、1サイトを20記事程度の日記にするとなると、400程度の記事が必要となります。

この膨大な記事を用意する手段は、用意する必要がありますね。

 

デザイン用のテーマも必要となるでしょう。

 

以上を統括すると、サテライトサイトでは

  • サーバー17基
  • 中古ドメイン17個
  • 記事400件
  • デザインテーマ

を用意することになりますね。

 

ちなみに、「サテライトサイト」の語源は、衛星を意味するsatelliteからです。

メインの周りからリンクを送る様を、衛星(サテライト)に例えているんですね。

 

かかる費用を考える

さて、必要な物がわかってしまえば、あとは費用を考えていくだけ。

実際に、Googleさんで調べながら、具体的な費用を算出してみましょう。

 

メインサイトの費用

まずは、メインサイトの構築にかかる費用から。

  • サーバー1基
  • ドメイン10個
  • 記事100件
  • デザインテーマ

にかかる費用ですね。

 

サーバー1基

まずはサーバーから。

これに関しては、サーバーをいじってみた記事や、セルフバックで得をする記事でも触れたとおり、エックスサーバー を利用します。

 

最安価のX10プランで当分問題は無いと考えれば、初期費用とサーバー代で7,128円。

A8.net のセルフバックを活用することで、2,858円のキャッシュバックが発生するため、4270円です。

 

サーバー代:4,270円

 

ドメイン10個

新規ドメインについては、業者やキャンペーンによってピンキリになります。

 

2017年05月13日現在、お名前.com であれば、

「.club」「.site」

などというなんともいえないドメインが30円/年。

ぶっちゃけ無料みたいなもん。

 

一応「トップレベルドメインの違いで、サイトの評価を変えることはない」というgoogle神のお言葉を信じるのであれば、300円で用意できます。

更に言えば、こちらもA8.net のセルフバックを活用することで、10%のキャッシュバックが発生するため、270円になります。

遠足のおやつか。

 

ただ、日本企業にしか取得できない「.co.jp」が「.jp」と同じ評価っつーのもなあ。

それはそれで納得が行かないので、気になる人は「.com」とか取得した方がいいと思います。

ちょっと高いですけど。

 

ドメイン代:270円

 

記事100件

サイトを制作するなら、文字によるコンテンツ、通称「記事」も充実させなければなりません。

商品への興味を持ってもらいたい以上は「人間がちゃんと書いた記事」である必要があるでしょう。

 

ざっと見た感じ、「初心者でもそれなりの記事を外注できる場」の相場は、1文字1円ってところだと思います。

⇒ アフィリエイト秘書.com

⇒ Shinobiライティング

 

ランサーズやらクラウドワークスやら、ライター個人へ直接交渉をする外注手段は、ある程度こなれてから

 

600文字で100記事作るとなれば、60,000文字。

1文字1円ともなれば、単純に60,000円です。

 

自分で書けば無料ではありますが、一応収入のためにやっていること。

時給900円程度と考えると、70時間で100記事書くのは厳しい気がします。

休憩込みで70時間ですもん。

 

記事代:60,000円

 

デザインテーマ

WordPressのデザインデーマには、無料のものも多いです。

ただ、つまりは有料のものが存在しているのもまた事実。

 

とくに、アフィリエイト界隈では、「 賢威」だとか、「 AFFINGER4」だとかがよく話題に上っています。

数年前から売れ続けているようなので、何らかの魅力があるのは間違いない、はず。

 

実際、テンプレートでSEOに効果があるのかはわかりませんが、

「わからないからこそ、購入する価値はあるかな~」

なんて考えています。

 

わからない以上は、どこかで結局使ってみることになると思うので、それなら最初に買っちゃおうかな、と。

 

賢威なんかは、企業のメディアを覗いても、普通に使ってたりしますからね。

 

ということで、 賢威を買って、結果が出たら AFFINGER4に手を出し、使い比べてみることに。

賢威の価格は24,800円。セルフバックは不可。

高くも安くも無いかなって感じですね。

 

デザインテーマ:24,800円

 

メインサイトは89,340円

メインサイトを10個作るためには、

  • サーバー代:4,270円
  • ドメイン代:270円
  • 記事代:60,000円
  • デザインテーマ:24,800円

合計89,340円かかる計算に。

 

この時点でも1サイトあたり9,000円程度ですし、これ以降サイトを作る場合、テーマを流用すれば記事代だけで作れる、と。

 

そんなもんでしょうね、うん。

 

サテライトサイトの費用

お次は、メインサイトへリンクを貼る、サテライトサイト制作にかかる費用。

 

こちらは、

  • サーバー17基
  • 中古ドメイン17個
  • 記事400件
  • デザインテーマ

が必要でした。

 

サーバー17基

それなりの量のサーバーについては、「ip分散」と銘打っているレンタルサーバーを利用するのが良いでしょう。

簡易な設定しか行えない代わりに、一括で設定を行えるサーバーを、比較的安価で借りることができます。

 

IP分散を銘打っているレンタルサーバー業者は多岐に渡りますが、ぱっと見では123サーバーなんかが良さそうかな、と。

国内IPと国外IPを選べたり、5IP刻みで契約できるので、何かと取り回しに優れそう。

5IP刻みなら、2基ケチって15IPでの契約としましょう。

 

2017年5月13日現在、初期費用0円キャンペーンに加え、30日間無料キャンペーンを行っているため、資金が一切かからないのも嬉しいポイント。

 

ちなみに、これらのキャンペーンを行っていない場合は、

  • 初期費用:7,468円
  • 月額費用:7,468円

を負担しなければなりません。(国内IP 15基)

初期投資額は14,936円となりますね。

 

キャンペーンは時事的なものですし、今回は14,936円かかった、という体で話を進めましょう。

ちなみに、A8.netへ公告を出稿していないため、セルフバックはできません。

 

サーバー17基:14,936円(15基だけど)

 

中古ドメイン17個

今度は、分散サーバーにのっける中古ドメインです。

自分で調べて取得して~なんて方法もありますが、今回は中古ドメイン販売業者を利用することにしましょう。

保証が充実している所も多いですからね。

 

さて、例として、中古ドメイン販売屋さんを覗いてみると、効果のありそうなドメインは3,000円程度でしょうか。

ケチって15IP分しかサーバーを用意していないため、ドメインも15個で良いでしょう。

 

となると、合計45,000円。

中古ドメイン販売屋さんでは、10ドメイン以上の同時購入で10%の割引が適用されるため、40,500円になりますね。

 

中古ドメイン17個:40,500円(15個だけど)

 

記事400件

 サテライトサイトは、ぶっちゃけてしまえばGoogleに見せるだけのもの。

ゲスい話をしてしまえば、人が読んだ時に「良い記事だ」と感じる必要はありません。

 

必要な記事数も莫大ですし、ここは PSWのような「文章を自動で生成するソフト」を活用するのが無難でしょう。

購入しておけば、ドメインとサーバーさえ用意するだけで、簡単に追加作成できますからね。

 

まずは、ソフトウェアを活用して作る。

高く評価されているサイトに的を絞り、お金をかけていく。

質の高いサテライトサイトも、魅力的であるのは間違いないため、とりあえずはこのような段取りを予定しています。

 

アクセスあるのに自動生成文!ってのは流石に良心が痛みますし。

 

PSWの値段は、

  • 本体+1ジャンルで27,800円
  • ジャンルの追加購入が17,880円

となっているため、2ジャンル用意する、と考えれば45,680円です。

 

手を広げすぎても畳めなくなりますし、まずは2ジャンルくらいで攻めてみる予定。

 

記事400件:45,680円

 

デザインテーマ

サテライトサイトのデザインテーマは、メインサイト用に購入した賢威を流用すれば問題無いでしょう。

一つのライセンスで、最新版の賢威7に加えて、賢威6のダウンロードも可能になっているため、デザインが被るってことも無いはず。

 

ってことで、こちらは0円。

デザインが被るようになってきたら、無料のテーマをつまんでいく予定です。

流石にサテライトサイト毎にテーマ買ってたら、資金が幾らあっても足りないと思いますし。

 

デザインテーマ:0円

 

サテライトサイトは101,116円

以上、サテライトサイトを15個作るには、

  • サーバー17基:14,936円
  • 中古ドメイン17個:40,500円
  • 記事400件:45,680円
  • デザインテーマ:0円

合計101,116円必要という計算になります。

 

この時点では、1サイト当たりの金額が、メインサイトにかかる費用と大差ありません。

ただ、記事生成ソフトが約4割を占めています。

そのため、次回以降のサテライトサイト製作は、ドメイン代とサーバー代だけになり、安価に抑えられるでしょう。

 

やっぱり、最初が一番お金かかるんだなあ。

 

アフィリエイトは190,456円あれば始められる

メインサイト群が、89,340円。

サテライトサイト群が、101,116円。

つまり、僕の想定しているアフィリエイトは、190,456円あれば始められる、という計算になります。

 

……思ったよりかかりそうだなあ。

 

仮に、これをまとめて払って、

「資金を30倍にする!」

という企画趣旨にのっとると、およそ600万円。

 

仮に、めっちゃうまく行って月10万に乗っかっても、60ヶ月かかります。

節約を意識しないと、大変なことになりそうな予感がひしひし。

サーバー代は、月額で維持費も必要ですしねー……。

 

企画趣旨についてはこちら

30万円チャレンジ!どのおいしい話が一番おいしいのか実践してみる

社会の狭間でニートを叫ぶ